• 標準

背景色

外来診療情報

★完全予約制
★初めて受診する場合は当科宛の紹介状が必要です


外来担当医表


 
1診 狩野 允芳 鈴木 康弘 吉井 仁(第1.4週) 鈴木 康弘 狩野 允芳
2診 兒島 辰哉 髙森 元子 川瀬 崇広 兒島 辰哉 髙森 元子

◎ボトックス外来 :毎週木曜日

休診情報

土・日曜日、祝日、年末年始(12/29~1/3)は休診です。
※急病等での交代はご容赦ください。

8月15日(月)・18日(木)
兒島 辰哉

医師紹介

  • 鈴木 康弘 (すずき やすひろ)

    補職名
    部長
    経歴
    名古屋大学(昭和60年卒)
    専門医等認定
    日本神経学会専門医・指導医
    日本脳卒中学会専門医
    日本内科学会認定内科医
  • 兒島 辰哉 (こじま たつや)

    補職名
    副部長
    経歴
    名古屋大学(平成9年卒)
    専門医等認定
    日本内科学会認定内科医
  • 狩野 允芳 (かのう まさよし)

    補職名
    医長
    経歴
    福岡大学(平成21年卒)
    専門医等認定
    日本神経学会専門医・指導医
    日本内科学会認定内科医
    日本認知症学会専門医・指導医
  • 吉井 仁 (よしい じん)

    補職名
    医師(非常勤)
    経歴
    名古屋大学(昭和59年卒)
  • 髙森 元子 (たかもり もとこ)

    補職名
    医師(非常勤)
    経歴
    名古屋大学(平成9年卒)
    専門医等認定
    日本神経学会専門医・指導医
    日本内科学会認定内科医

診療科紹介

1977年の開設以来40年にわたって、静岡市内の神経疾患診療の中核病院としての役割を果たしてまいりました。2007年からは脳卒中センターを開設し、脳神経外科と共同で脳血管障害の急性期治療及び予防に取り組んでいます。また、名古屋大学の関連病院として、遺伝子診断、神経筋疾患の生検(生体検査)、頸動脈内膜剥離術、ステントを用いた頸動脈血管形成術は大学と密な連携を図っています。



学会認定

  • ・日本神経学会専門医教育関連施設
  • ・日本脳卒中学会認定教育病院

主な対象疾患



主な疾患に対する治療法

脳梗塞

入院患者さんの約4割は急性期脳梗塞です。その治療と予防には長年力を入れており、特に閉塞した血管の再開通療法には、全国に先駆けて20年以上取り組んできました。t-PA治療(超急性期血栓溶解療法)も豊富な実績を持ち、良好な治療成績をあげています。発症早期から広汎な半球症状や脳幹症状を呈し、かつ相当する脳主幹動脈閉塞が確認された場合は、マイクロカテーテルを用いた血管内治療を積極的に行っています。
また、アテローム血栓性脳主幹動脈閉塞症には、場合によって経皮的脳血管形成術を併用するなど、重症度・原因に基づいた最適な治療を行います。



認知症

最近は超高齢社会に対応し、認知症予防を重要課題として取り組み、生活習慣指導や運動指導を進めています。



ボトックス外来

脳卒中後などに生じる痙縮症状を緩和するボトックス毒素の局所注射治療を行っています。

実績

入院数

疾患名 2021年 2020年 2019年
脳梗塞 226 216 245
うち血栓溶解療法
(rt-PA(アルテプラーゼ)
療法)投与例
18 27 26
脳出血 2 1 0
てんかん 32 28 16
めまい 2 3 6
意識消失 7 6 5
一酸化炭素中毒 4 4 3
パーキンソン病 7 2 6
髄膜炎・脳炎 8 11 9
多発性硬化症・視神経脊髄炎 5 7 8
重症筋無力症 7 0 4
アルツハイマー病・他の認知症 1 3 2
頸椎症 0 5 1
アルコール性神経障害 5 0 1
ギラン・バレー症候群 1 1 1
筋萎縮性側索硬化症 0 2 0
脊髄小脳変性症 0 0 0
一過性全健忘 0 0 2
慢性炎症性脱髄性
多発神経炎(CIDP)
・類縁疾患
2 2 0
筋ジストロフィー 3 0 0
その他 62 58 80
合計 392 376 415