• 標準

背景色

病院からのお知らせ NEW

乳がん検診をご希望の方へ

新型コロナウイルスワクチン接種に伴い、ワクチン接種側の片側性腋窩リンパ節腫大がみられる場合があります。

当センターでは乳がん検診に伴うマンモグラフィや乳房超音波検査は、ワクチン接種前に施行するか、 2 回目ワクチン接種後少なくとも 610 週間の間隔をおいてから施行されることをおすすめします。

検査実施の際は検診精度向上のため、ワクチン接種の有無・接種時期・接種側をお尋ねします。ご協力をお願い申し上げます。

「乳がん検診にあたっての新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応の手引き Ver.2.0」 日本乳癌検診学会