• 標準

背景色

外来診療情報

★再診予約制

外来担当医表

 
1診 松本 賢太郎 松本 賢太郎 松本 賢太郎 松本 賢太郎
2診 嶋津 苗胤 嶋津 苗胤 嶋津 苗胤 嶋津 苗胤
3診 岩田 和子 岩田 和子 岩田 和子 岩田 和子

休診情報

土・日曜日、祝日、年末年始は休診です。
※急病等での交代はご容赦ください。

8月14日(金)~19日(水)
嶋津 苗胤
9月29日(火)
岩田 和子

医師紹介

  • 松本 賢太郎 (まつもと けんたろう)

    補職名
    部長
    専門分野
    皮膚科一般、アレルギー性皮膚疾患
    経歴
    高知医科大学(平成8年卒)
    専門医等認定
    日本皮膚科学会専門医・指導医
  • 嶋津 苗胤 (しまづ きよ)

    補職名
    医長
    専門分野
    皮膚科一般
    経歴
    東京大学(平成13年卒)
    専門医等認定
    日本皮膚科学会専門医・指導医
  • 岩田 和子 (いわた かずこ)

    補職名
    医師
    専門分野
    皮膚科一般
    経歴
    埼玉医科大学(平成26年卒)

診療科紹介

皮膚科は、全身の皮膚に生じる病気すべてが対象です。2018年より当院は静岡県アレルギー疾患拠点病院に指定され、皮膚科もその一翼を担い、アトピー性皮膚炎や蕁麻疹、アナフィラキシーなどのアレルギー疾患の検査や治療に今後も精力的に取り組んでいきます。
時期によっては新規の患者さんが集中することもあり、診察までにお待ちいただくことも多くご迷惑をおかけしております。予約の方や重症の方、紹介状をお持ちの方を優先して外来診療を行っていますのでご了承ください。

学会施設認定

  • ・日本皮膚科学会 認定専門医研修施設

主な対象疾患

  • ・皮膚科全般
  • 帯状疱疹や蜂窩織炎などの感染症
  • ・アナフィラキシーや薬疹の精査
  • ・乾癬、掌蹠膿疱症、慢性蕁麻疹、重症アトピー性皮膚炎の生物学的製剤による治療
  • 日光角化症、有棘細胞癌、基底細胞癌などの皮膚腫瘍
  • ・エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎などの膠原病
  • ・ボトックスによる腋窩多汗症治療
  • ・円形脱毛症のSADBE療法
  • ・太田母斑、異所性蒙古斑などのレーザー治療
  • ・美容皮膚科(スキンタイトニング、老人性色素斑などのレーザー治療)

皮膚腫瘍

平均寿命の延びにともない皮膚悪性腫瘍が増加しています。内臓の癌と異なり目に見えるものが多いので、早期に気づいて受診すれば早期治療できるメリットが大きいです。今までなかったシミやできもの、大きくなるものは早めに診察をうけてください。

生物学的製剤による治療

乾癬での治療が先行していましたが、2018年よりアトピー性皮膚炎治療においても従来の治療に比べて格段に効果の高い生物学的製剤による治療が始まりました。今後も様々な生物学的製剤やそれに準ずる効果の高い治療薬が登場予定です。

帯状疱疹

免疫力低下により水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルスの増殖がおこり生じる感染症です。早期に効果的な治療をおこなうことが、後遺症としての神経痛を残すリスクを軽減できると考えます。

腋窩多汗症に対するボトックス治療

腋窩の汗が多くて悩まれているかたにはボトックス治療をお勧めしています。ボトックス®は、ボツリヌス菌がつくるタンパク質から生成された薬であり、交感神経から汗腺への情報伝達を遮断します。ボトックス®をワキの皮内に直接注射することにより発汗量を減少させることができます。
投与1-2日後から高い効果が表れ、冬期でも多汗なタイプでなければ年1回の投与で約1年間にわたって効果が続きます。重度の原発性腋窩多汗症のボトックス療法には健康保険が適用されます。
女性医師による診察対応も可能です。

多汗症について「ワキ汗情報サイト」

実績

入院患者数

表は左右スクロールできます

2017年 2018年 2019年
167 146 121

手術件数(皮膚生検数は含まず)

表は左右スクロールできます

  2017年 2018年 2019年
皮膚良性腫瘍 106 77 87
皮膚悪性腫瘍 23 20 19

治験

  • nemolizumabのアトピー性皮膚炎に対する第Ⅲ相試験(2017-2020年; エントリー終了)