• 標準

背景色

医師紹介

  • 北山 康彦 (きたやま やすひこ)

    補職名
    副院長・部長
    専門分野
    病理診断
    経歴
    浜松医科大学(昭和62年卒)
    元日本医科大学教授
    現金沢医大客員教授
    日本医療研究開発機構CiCLE評価委員
    専門医等認定
    厚生労働省死体解剖資格認定
    日本病理学会指導医・専門医研修指導医
    日本臨床細胞学会指導医・研修指導医
    日本臨床細胞学会細胞診専門医
    日本臨床検査医学会臨床検査管理医
    日本病理学会学術評議員
  • 服部 和哉 (はっとり かずや)

    補職名
    医師
    専門分野
    病理診断
    経歴
    浜松医科大学(平成30年卒)
    専門医等認定
    日本専門医機構病理専門医
  • 谷岡 書彦 (たにおか ふみひこ)

    補職名
    医師(非常勤)
    専門分野
    病理診断
    経歴
    防衛医科大学(昭和58年卒)
    専門医等認定
    日本病理学会認定病理専門医・専門医研修指導医
    日本病理学会認定分子病理専門医
  • 村雲 芳樹 (むらくも よしき)

    補職名
    医師(非常勤)
    専門分野
    病理診断
    経歴
    奈良医科大学(昭和63年卒)
    現北里大学教授
    専門医等認定
    厚生労働省死体解剖資格認定
    日本病理学会病理専門医
    日本病理学会病理専門医研修指導医
  • 岩下 寿秀 (いわした としひで)

    補職名
    医師(非常勤)
    専門分野
    病理診断
    経歴
    名古屋大学(平成2年卒)
    現浜松医科大学教授
    専門医等認定
    医学博士
    日本病理学会学術評議員
  • 目黒 史織 (めぐろ しおり)

    補職名
    医師(非常勤)
    専門分野
    病理診断
    経歴
    浜松医科大学(平成18年卒)
    現浜松医科大学助教
    専門医等認定
    厚生労働省死体解剖資格認定
    日本病理学会病理専門医
    日本臨床細胞学会細胞診専門医

診療科紹介

病理診断科は、病理診断・細胞診・術中迅速診断・病理解剖を担当しております。

病理診断(組織診)

生検や手術によって採取された組織から診断に適した染色標本を作製し、顕微鏡で観察することで病理診断を行っています。
生検とは内視鏡検査、皮膚や乳房などに針を刺したり切開することで病変の一部を採取することです。患者さんの体より採取された病変の組織や細胞を観察し、わずかな手掛かりや組織の変化と臨床情報を併せて検証し、珍しい病気や難病、特定疾患の診断を行います。
生検による病理診断をもとに手術が行われ、手術によって摘出された組織診断では組織型の推定や悪性度・転移の有無等の最終診断が行われます。病理診断結果は速やかに患者さんの主治医に伝えられ、その後の治療方針の決定などに活かされます。

細胞診

体液中や組織から剥離した細胞、穿刺吸引等で採取した細胞に腫瘍性病変を疑う所見がないかどうかを調べる検査です。微生物による感染症や炎症性病変を判定することもあります。子宮がん検診をはじめ、喀痰や尿、体腔液中の腫瘍細胞の有無、乳腺や甲状腺等の幅広い材料に対して行われています。擦過法や洗浄法、自然に剥離したものを採取し検査を行います。スクリーニングを目的としているため、病変の詳細な部位や浸潤の程度については確定的ではありませんが、病変の初期ないし早期がんの発見には簡易的かつ有用であるとされています。
細胞検査士と細胞診専門医によってスクリーニング・細胞判定が行われます。

術中迅速診断

病変が体の深い部分にあって術前に組織採取が難しい場合や、がん細胞の範囲や転移がはっきりしない場合など、手術前の病理診断ができない場合に行われるのが「術中迅速診断」です。
手術中の病変組織採取から30分程度で病理診断が行われます。診断結果は迅速に執刀医に連絡され、手術方針が決定されます。

病理解剖

ご遺族の承諾のもとに、病死された患者さんのご遺体を解剖させていただくのが「病理解剖」で、剖検(ぼうけん)ともよばれます。
生前の診断は正しかったのか、どのくらい病気が進行していたのか、適切な治療がなされていたのか、治療の効果はどれくらいあったのか、死因は何か、といったことを判断します。病理解剖の結果が蓄積されることによって、他の方法では得がたい医学の進歩への貢献が期待されます。

分子病理学

近年目覚ましい分子標的治療薬の開発に伴い、遺伝子や染色体異常の解析を含めた分子病理診断の必要性が加速しています。
昨年度より、院内にて乳癌のHER2遺伝子検査(FISH法)を開始しました。現在、肺がんのALKとPD-1その他、EGFRやRASなどの遺伝子変異解析を外部委託していますが、来年度より可能な限り順次院内で解析する方向で分子病理診断室を設けるためのセットアップに取り組んでいます。
数年後には、特異的な遺伝子変異を有する多数の腫瘍性病変の遺伝子解析を、特殊な遺伝子を除いて院内で行いたいと考えています。
また、本年度より他施設からの外部検体の受託検査を始めています。

デジタルパソロジー

インターネット環境の整備や普及とナノズーマーを代表とする画像の取り込みや画質の操作改善に伴い、ネット環境下での病理診断が可能となってきました。当科でも外部検体につきデジタルパソロジーでのペーパーレス診断を行っています。大量のデータを瞬時に送信し、迅速かつ精度の高い病理診断が可能となっています。将来的には、院内での運用も視野に入れており、近い将来全ての検体の診断をスライドレス、ペーパーレスで行うことが可能になると期待されます。

学会施設認定

  • ・日本臨床細胞学会 認定施設
  • ・日本臨床細胞学会教育研修施設

実績

統計

  2018年 2019年 2020年
病理組織診 手術検体 1,772 2,013 1,809
生検検体 1,620 1,697 1,622
迅速検体 131 172 182
総数 3,523 3,882 3,613
細胞診件数 5,809 6,072 5,605
病理解剖件数 7 8 5

論文業績

  • 1.Satoshi Mizutani, Hideyuki Suzuki, Takayuki Aimoto, Seiji Yamagishi, Keisuke Mishima, Masanori Watanabe, Yasuhiko Kitayama, Norio Motoda, Saiko Isshiki, Eiji Uchida. Usefulness of Color Coding Resected Samples form a pancreaticoduodenectomy with Tissue Marking Dyes for a Detailed Examination of Surgical Margin Surrounding the Uncinate Process of the Pancreas. J Nippon Med Sch 84:32-40, 2017
  • 2.蒔田益次郎,赤須東樹,軸薗智雄,市川太郎,五味直哉,菊池真理,許田典男,北山康彦.造影超音波による乳癌の広がり診断.日本臨床外科学会雑誌 79:459-466, 2018
  • 3.Satoshi Yamaguchi, Shoji Matsune, Kuwon Sekine, Nozomu Wakayama, Yasuhiko Kitayama, Yuji Makamura, Kimihiro Okubo. Inhibitory Effects of S-carboxymethylcystein on Goblet cell Proliferation in Cultured Epithelium. J Nippon Med Sch 85:215-220, 2018

学会発表

  • 真鍋恵理子、蒔田益次郎、許田典男、北山康彦、武井寛幸、日下部守昭、関野正樹「ラジオアイソトープ及び磁気ナノ粒子によるセンチネルリンパ節で同定されたリンパ節の臨床病理学的検討」第26回日本乳癌学会総会 京都 2018
  • 青木宏信、蒔田益次郎、真鍋恵理子、蒔田益次郎、許田典男、北山康彦、赤石諭史、小川令「乳癌術後短期間でSD領域の皮弁作成部に出現したPaget病変」第26回日本乳癌学会総会 京都 2018
  • 加藤舞子、北山康彦、中村祐司、永井祥子、前本直子、牧野隆浩、許田典男「膀胱原発リンパ腫様・形質細胞葉型尿路上皮癌の1例」第59回日本臨床細胞学会総会春季大会 札幌 2018.6.2
  • 岡本淳一、許田典夫、窪倉浩俊、北山康彦、臼田実男「肺扁平上皮癌におけるリンパ節病期分類(cN, sN, pN)に関する24例の検討」第58回日本肺癌学会学術集会 横浜 2017.10.14-15
  • 若山望、石田麻里子、松根彰志、大久保公裕、北山康彦「好酸球性副鼻腔炎における局所IgE増多及び濾胞樹状細胞の検討」第56回日本鼻学会総会 甲府 2017.9.28-30
  • 鈴木えりか、蒔田益次郎、許田典男、北山康彦「増生超音波により乳癌の広がり診断と樹脂塗料による広がりのシュミレーション模型を使った乳腺部分切除」 第25回日本乳癌学会総会 福岡 2017
  • 谷佳緒梨、森美樹、許田典男、森第谷卓也、鈴木えりか、北山康彦、蒔田益次郎「葉状腫瘍を疑ったnodular fasciitisの一例」25回日本乳癌学会総会 福岡 2017
  • 若山望、石田麻里子、松根彰志、大久保公裕、北山康彦「当院における好酸球性副鼻腔炎粘膜におけるIgE局所増多の検討」第35回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 旭川 2017.4.14
  • 水谷聡、鈴木英之、山岸征嗣、大山莉奈、相本隆幸、小山祐司、前島顕太郎、吉野雅則、渡辺昌則、北山康彦、内田英二「Tissue Marking Dyeによる切除標本色分けは鉤部周辺の切除断端に対する詳細な評価を可能とした」第117回日本外科学会定期学術集会 横浜 2017.4.27-29
  • 富田裕司、木全亮二、川田由里子、堀内和孝、北山康彦、近藤幸寿「腎平滑筋肉腫の一例」第81回日本泌尿器科学会東部総会 弘前 2016.10.7-10
  • 蒔田益次郎、赤須東樹、軸園智雄、市川太郎、五味直哉、菊池真理、許田典男、北山康彦「造影超音波による広がり診断の乳腺部分切除への展開」第24回日本乳癌学会学術総会 東京 2016.6.18
  • 蒔田益次郎、赤須東樹、軸園智雄、市川太郎、五味直哉、菊池真理、許田典男、北山康彦「造影超音波による乳癌の広がり診断に関する研究」第54回日本癌治療学会総会 横浜 2016.10.20-22
  • 前本直子、許田典男、加藤舞子、川上陽子、中村祐司、永井祥子、牧野隆浩、北山康彦、内藤善哉「小細胞癌との鑑別に苦慮した膀胱肉腫様癌の1例」第57回日本臨床細胞学会総会 春季大会 横浜 2016.5.29
  • 中村祐司、前本直子、牧野隆浩、許田典男、北山康彦、内藤善哉「組織型推定を誤った肺類基底扁平上皮癌の1例」第57回日本臨床細胞学会総会 春季大会 横浜 2016.5.29
  • 赤須東樹、大槻昌子、石川真由美、南史朗、許田典男、北山康彦、門倉玄武、勝俣範之、杉谷巌「甲状腺に分化癌に対する手術および術後レンバチニブによる治療経験」第28回日本内分泌外科学会総会 横浜 2016.5.26-27
  • 赤須東樹、八木孝、石川真由美、南史朗、許田典男、北山康彦「高カルシウム血症に伴う激しい症状が先行した原発性副甲状腺機能亢進症2例の手術症例経験」第28回日本内分泌外科学会総会 横浜 2016.5.26-27
  • 水谷聡、鈴木英之、相本隆幸、山岸征嗣、三島圭介、村木輝、大山莉奈、清水貴夫、前島顕太郎、吉野雅則、渡辺昌則、北山康彦、内田英二「SMA神経叢全周温存膵頭十二指腸切除に対するTissue Marking DyeによるDPM細分類とDPM陽性の部位検討」第116回日本外科学会定期学術集会 大阪国際会議場 2016.4.16