• 標準

背景色

コミュニケーションペーパー「Home」

Home vol.35:がん治療の現場から

患者さんの容姿の悩みに応えます
アピアランスケアサロン

▲ 専用のサロンで気兼ねなく相談できます。

がんになって、顔色が悪くなった、治療の影響で髪が抜けた、肌が荒れた、むくみが出た...
そうした見た目の変化は、病気と向き合う患者さんにとって大きな心の負担につながります。
特に、接客業など人と接する仕事の患者さんの中には、働き続けられないと悩む方もいます。
そんな患者さんのために生まれたのが「アピアランスケアサロン」です。
がん化学療法看護認定看護師をはじめとした専門スタッフが、
相談相手となって患者さんと共に考えていきます。
患者さんが社会との繋がりを絶つことなく、その人らしい生活を送れることを目指します。
当院外の患者さんの相談にも応じていますので、お気軽にお問い合わせください。

▲ メイクの力も借りて、自分らしさを取り戻すケアです。

▲ ウイッグの試着もできます。男性もご相談ください。

お問い合わせ・ご相談:化学療法センター(電話受付 平日14:00〜16:00) ※ご利用は要予約

 

Home vol.35(PDF)ダウンロードはこちら