• 標準

背景色

医療の質の指標

医療の質の指標とは、病院の様々な機能を適切な指標を用いて表したものです。
これを分析し、その改善を促すことにより医療サービスの質の向上を図ります。

統計情報

病院全体に関する指標(平成27~29年度)


  • 入院延べ患者数 【月別延べ入院患者数】(単位:人)

      平成27年度 平成28年度 平成29年度
    4月 12,506 12,570 13,667
    5月 12,520 11,950 14,366
    6月 13,287 12,672 13,146
    7月 13,038 13,035 14,253
    8月 12,372 13,374 13,829
    9月 11,193 13,562 13,723
    10月 11,981 13,721 13,579
    11月 12,332 13,462 12,801
    12月 12,532 13,734 13,871
    1月 12,825 14,510 14.978
    2月 12,654 13,046 13,260
    3月 13,549 14,449 14,143
    150,789 160,085 165,616
  • 1日平均入院患者数 【月別1日平均患者数】(単位:人)

      平成27年度 平成28年度 平成29年度
    4月 416.9 419.0 455.6
    5月 403.9 385.5 463.4
    6月 442.9 422.4 438.2
    7月 420.6 420.5 459.8
    8月 399.1 431.4 446.1
    9月 373.1 452.1 457.4
    10月 386.5 442.6 438.0
    11月 411.1 448.7 426.7
    12月 404.3 443.0 447.5
    1月 413.7 468.1 483.2
    2月 436.3 465.9 473.6
    3月 437.1 466.1 456.2
    412.0 438.6 453.7
  • 新入院患者数 【月別新入院患者数】(単位:人)

      平成27年度 平成28年度 平成29年度
    4月 873 888 948
    5月 826 873 1,000
    6月 930 907 967
    7月 870 919 991
    8月 867 995 1,080
    9月 810 945 971
    10月 875 997 1,029
    11月 848 952 1,008
    12月 877 965 1,042
    1月 953 1,047 1,047
    2月 889 933 908
    3月 938 1,049 989
    10,556 11,470 11,980
  • 緊急入院数及び救急車搬送数 【月別緊急入院数及び救急車搬送数】(単位:人)

    表は左右スクロールできます

      平成27年度 平成28年度 平成29年度
      緊急入院 救急車搬送 緊急入院 救急車搬送 緊急入院 救急車搬送
    4月 263 128 313 176 356 196
    5月 307 154 298 145 405 198
    6月 276 150 314 176 311 165
    7月 291 153 357 188 380 190
    8月 291 153 351 175 363 196
    9月 275 148 362 193 365 177
    10月 311 160 389 195 353 182
    11月 300 164 360 179 372 193
    12月 324 179 411 229 424 219
    1月 331 195 404 224 416 230
    2月 305 169 364 176 292 166
    3月 311 166 410 210 354 172
    3,585 1,919 4,333 2,266 4,391 2,284
  • 平均在院日数 【月別平均在院日数】(単位:人)

    平均在院日数 = 在院患者延べ日数÷((入院患者数+退院患者数)÷2)

      平成27年度 平成28年度 平成29年度
    4月 13.1 12.9 13.7
    5月 14.1 13.3 13.4
    6月 13.6 12.8 12.6
    7月 13.6 13.1 13.3
    8月 13.1 12.9 12.1
    9月 12.8 13.4 12.8
    10月 12.8 12.6 12.3
    11月 13.7 13.3 11.7
    12月 12.4 12.8 12.1
    1月 13.4 13.6 14.3
    2月 13.3 13.0 13.2
    3月 13.4 12.6 13.1
    13.3 13.0 12.9
  • 病床稼働率 【月別病床稼働率】(単位:%)

    病床稼働率 = 入院延べ患者数÷(稼働病床数×歴日数)×100

    稼働病床数の推移

    • ・平成29年7月1日より、稼働床を505床から508床に変更。
    • ・平成29年8月1日より、稼働床を508床から509床に変更。
    • ・平成29年10月1日より、1病棟を地域包括ケア病棟に変更。
      平成27年度 平成28年度 平成29年度
    4月 82.4 82.3 90.2
    5月 79.8 76.3 91.8
    6月 87.5 83.6 86.8
    7月 83.1 83.3 90.5
    8月 78.9 85.4 87.6
    9月 73.7 89.5 89.9
    10月 76.4 87.6 86.1
    11月 81.2 88.9 83.8
    12月 79.9 87.7 87.9
    1月 81.8 92.7 94.9
    2月 86.2 92.3 93.0
    3月 86.4 92.3 89.6
    81.4 86.2 89.3
  • 死亡退院患者率 【月別退院患者数・月別死亡数及び死亡率】(単位:人)

    表は左右スクロールできます

      平成27年度 平成28年度 平成29年度
      退院数 死亡数 死亡率 退院数 死亡数 死亡率 退院数 死亡数 死亡率
    4月 895 49 5.5% 927 44 4.7% 922 48 5.2%
    5月 828 47 5.7% 811 44 5.4% 1,004 50 5.0%
    6月 891 49 5.5% 928 45 4.8% 975 34 3.5%
    7月 910 60 6.6% 938 50 5.3% 1,009 51 5.1%
    8月 882 58 6.6% 937 37 3.9% 1,038 36 3.5%
    9月 807 54 6.7% 947 61 6.4% 1,022 59 5.8%
    10月 865 34 3.9% 1,018 50 4.9% 1,026 75 7.3%
    11月 835 46 5.5% 940 53 5.6% 1,006 45 4.5%
    12月 989 70 7.1% 1,024 63 6.2% 1,081 47 4.3%
    1月 835 46 5.5% 956 62 6.5% 920 81 8.8%
    2月 886 55 6.2% 942 81 8.6% 965 47 4.9%
    3月 957 51 5.3% 1,076 72 6.7% 1,023 41 4.0%
    10,580 619 5.9% 11,444 662 5.8% 11,991 614 5.1%
  • 外来延べ患者数及び初診患者数 【外来延べ患者数及び初診患者数】(単位:人)

    ※初診数は再掲

    表は左右スクロールできます

      平成27年度 平成28年度 平成29年度
      延べ数 初診数 延べ数 初診数 延べ数 初診数
    4月 19,096 1,673 18,437 1,566 19,102 1,705
    5月 16,893 1,735 17,274 1,625 19,965 1,894
    6月 18,741 1,827 19,972 1,894 20,736 1,959
    7月 19,459 1,961 18,837 1,828 20,193 1,966
    8月 18,412 1,867 20,593 1,989 21,763 2,155
    9月 17,839 1,700 19,737 1,927 20,381 1,882
    10月 19,757 1,904 19,932 1,924 21,092 1,873
    11月 19,032 1,763 20,519 1,847 20,721 1,805
    12月 19,264 1,862 20,238 2,042 21,035 2,066
    1月 18,506 1,783 19,797 2,028 20,413 2,302
    2月 18,770 1,701 19,274 1,693 19,206 1,628
    3月 20,599 1,951 21,120 1,821 20,216 1,813
    226,368 21,727 235,730 22,184 244,823 23,048
  • 1日平均外来患者数 【外来1日平均患者数】(単位:人)

    ※初診数は再掲

      平成27年度 平成28年度 平成29年度
    4月 909.3 905.1 955.1
    5月 938.5 936.9 998.3
    6月 851.9 895.4 942.5
    7月 884.5 920.5 1,009.7
    8月 876.8 920.1 989.2
    9月 938.9 965.8 1,019.1
    10月 940.8 973.3 1,004.4
    11月 1,001.7 1,004.5 1,036.1
    12月 1,013.9 1,031.6 1,051.8
    1月 974.0 1,008.3 1,074.4
    2月 938.5 945.9 1,010.8
    3月 936.3 943.0 962.7
    931.6 953.0 1,003.4
  • 救急患者数及び救急車搬送患者数 【救急患者数及び救急車搬送数】(単位:人)

    ※初診数は再掲

    表は左右スクロールできます

      平成27年度 平成28年度 平成29年度
      救急患者 救急車搬送 救急患者 救急車搬送 救急患者 救急車搬送
    4月 946 315 1,004 368 1,259 426
    5月 1,195 349 977 330 1,376 415
    6月 1,016 333 1,028 369 1,158 403
    7月 1,177 384 1,205 420 1,428 469
    8月 1,144 340 1,208 412 1,387 447
    9月 1,073 330 1,262 442 1,331 418
    10月 1,080 381 1,314 407 1,300 455
    11月 1,028 369 1,289 415 1,163 418
    12月 1,200 414 1,646 471 1,611 476
    1月 1,120 386 1,652 514 2,018 532
    2月 1,178 361 1,245 392 1,254 394
    3月 1,126 366 1,287 453 1,223 424
    13,283 4,328 15,117 4,993 16,508 5,277
  • 紹介率・逆紹介率 【紹介率・逆紹介率】(単位:%)

    ※地域医療支援病院の届出基準の計算式に基づき算出
    紹介率 = (紹介患者+緊急入院)÷(初診患者-救急患者)×100

    • ・緊急入院患者数=入院にて初診料を算定した患者数
    • ・救急患者(初診料の時間外・休日・深夜加算算定患者数)
      逆紹介率 = 逆紹介患者÷(初診患者-救急患者)
    • ・逆紹介患者数=診療情報提供料算定患者数

    表は左右スクロールできます

      平成27年度 平成28年度 平成29年度
      紹介率 逆紹介率 紹介率 逆紹介率 紹介率 逆紹介率
    4月 58.4 84.0 71.6 101.4 68.9 97.7
    5月 62.8 86.0 70.0 86.9 68.9 100.9
    6月 60.9 83.2 67.8 85.6 67.2 85.3
    7月 56.5 83.8 64.7 83.7 68.0 90.2
    8月 53.1 68.8 62.0 73.6 64.1 76.2
    9月 57.7 86.0 68.8 84.5 70.1 94.7
    10月 57.3 76.1 71.9 85.3 72.1 99.0
    11月 61.2 78.0 67.6 84.9 70.9 93.9
    12月 60.1 78.1 71.5 88.6 69.7 99.6
    1月 59.3 78.0 66.9 93.3 66.8 91.7
    2月 59.6 87.1 68.2 94.6 70.1 121.9
    3月 58.3 83.4 69.4 99.2 71.5 119.1
    58.7 80.8 68.2 88.0 68.9 96.7
  • 総手術件数 【総手術件数】

    ※診療報酬での手術点数算定件数

      平成27年度 平成28年度 平成29年度
    4月 914 955 941
    5月 826 882 1,029
    6月 1,030 1,060 1,080
    7月 904 957 1,021
    8月 866 1,092 1,133
    9月 872 952 1,021
    10月 969 957 1,105
    11月 914 1,012 1,061
    12月 962 924 1,025
    1月 1,001 1,075 962
    2月 919 1,012 990
    3月 1,027 1,101 1,025
    11,204 11,979 12,393
  • 手術室実施件数(再掲) 【手術室実施件数】

      平成27年度 平成28年度 平成29年度
    4月 378 373 359
    5月 344 335 383
    6月 423 411 427
    7月 380 390 403
    8月 340 397 445
    9月 327 380 413
    10月 392 386 432
    11月 368 402 422
    12月 407 349 419
    1月 402 398 374
    2月 395 368 407
    3月 400 440 414
    4,556 4,629 4,898
  • 剖検率

      平成27年度 平成28年度 平成29年度
    死亡数 604 662 614
    剖検数 18 13 5
    剖検率 2.98% 1.96% 0.81%
  • 疾病大分類別患者数統計(死亡患者)

    表は左右スクロールできます

    疾病分類 死亡数 剖検数
    平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
    感染症及び
    寄生虫症
    26 34 32 1 4 1
    新生物 193 166 154 4 2 2
    内分泌・栄養及び
    代謝疾患並びに
    免疫障害
    5 3 3 0 0 0
    血液及び
    造血器の疾患
    2 3 3 0 0 0
    精神障害 0 2 0 0 0 0
    神経系及び
    感覚器の疾患
    10 6 4 0 0 0
    循環系の疾患 128 146 132 3 4 0
    呼吸系の疾患 86 123 132 4 2 0
    消化系の疾患 32 40 24 1 0 1
    泌尿生殖系の
    疾患
    16 15 10 1 0 0
    妊娠・分娩及び
    産褥の合併症
    0 3 1 0 0 0
    皮膚及び
    皮下組織の疾患
    1 0 2 0 0 0
    筋骨格系及び
    結合組織の疾患
    0 0 0 0 0 0
    先天異常 0 0 0 0 0 0
    周産期に発生した
    主要病態
    0 0 0 0 0 0
    症状・微候及び
    診断名不明確の
    状態
    94 98 107 4 1 1
    損傷及び中毒 11 23 10 0 0 0
    604 662 614 18 13 5
  • 褥瘡発生率

    褥瘡発生率 = 院内発生件数÷実入院患者数×100

    表は左右スクロールできます

      平成27年度 平成28年度 平成29年度
    発生件数 発生率 発生件数 発生率 発生件数 発生率
    4月 3 0.2% 6 0.5% 9 0.7%
    5月 4 0.3% 6 0.5% 7 0.5%
    6月 8 0.6% 5 0.4% 3 0.2%
    7月 8 0.6% 3 0.2% 4 0.3%
    8月 3 0.2% 5 0.4% 5 0.3%
    9月 6 0.5% 1 0.1% 7 0.5%
    10月 3 0.2% 10 0.7% 9 0.6%
    11月 8 0.7% 1 0.1% 4 0.3%
    12月 2 0.2% 5 0.4% 9 0.6%
    1月 4 0.3% 12 0.9% 5 0.4%
    2月 8 0.6% 4 0.3% 13 0.9%
    3月 11 0.8% 7 0.5% 2 0.1%
    68 0.6% 65 0.4% 77 0.5%
  • 地区別患者割合 入院患者割合【平成29年度】(単位:%)

    表は左右スクロールできます

      静岡市 静岡市外 県外
    葵区 駿河区 清水区
    4月 21.4 53.1 19.1 5.1 1.2
    5月 22.6 51.9 18.3 5.2 2.0
    6月 22.8 53.0 16.6 5.9 1.7
    7月 22.8 52.9 18.7 4.6 1.0
    8月 21.1 53.2 17.2 6.8 1.7
    9月 19.3 55.0 18.2 6.0 1.5
    10月 21.0 51.6 20.5 5.0 1.9
    11月 20.8 53.6 19.3 4.5 1.8
    12月 22.5 51.8 19.4 4.5 1.8
    1月 23.3 52.4 18.4 4.4 1.5
    2月 20.5 53.2 18.9 5.5 1.9
    3月 20.1 55.2 18.2 4.8 1.7
    21.5 53.1 18.6 5.2 1.6
  • 地区別患者割合 入院患者割合【平成28年度】(単位:%)

    表は左右スクロールできます

      静岡市 静岡市外 県外
    葵区 駿河区 清水区
    4月 16.8 54.8 21.0 6.1 1.4
    5月 19.7 54.5 18.2 5.5 2.0
    6月 19.7 53.6 19.5 5.7 1.6
    7月 21.1 56.0 17.4 3.4 2.1
    8月 20.7 53.6 17.7 6.1 2.0
    9月 19.0 53.8 18.3 7.5 1.4
    10月 22.6 52.7 17.5 5.6 1.6
    11月 23.6 52.7 16.4 5.7 1.6
    12月 19.8 53.7 18.3 6.5 1.6
    1月 21.2 50.7 20.6 6.0 1.4
    2月 20.0 53.9 17.9 5.9 2.2
    3月 20.6 55.4 16.5 6.4 1.2
    20.4 53.7 18.3 5.9 1.7
  • 地区別患者割合 入院患者割合【平成27年度】(単位:%)

    表は左右スクロールできます

      静岡市 静岡市外 県外
    葵区 駿河区 清水区
    4月 19.0 53.8 19.3 6.1 1.7
    5月 22.6 52.5 18.8 4.8 1.3
    6月 22.1 50.1 20.0 6.6 1.2
    7月 23.2 48.3 19.8 7.5 1.2
    8月 22.9 53.3 17.1 5.7 1.0
    9月 22.2 52.7 17.6 6.3 1.2
    10月 22.8 54.5 16.0 5.6 1.1
    11月 21.7 52.7 17.7 6.2 1.6
    12月 22.1 51.1 18.1 7.4 1.3
    1月 22.2 50.7 20.8 5.0 1.2
    2月 20.5 50.3 21.1 6.6 1.5
    3月 19.4 51.6 21.0 6.0 2.0
    21.7 51.8 19.0 6.2 1.4
  • 地区別患者割合 外来患者割合【平成29年度】(単位:%)

    表は左右スクロールできます

      静岡市 静岡市外 県外
    葵区 駿河区 清水区
    4月 18.0 59.0 16.7 5.8 0.5
    5月 18.4 59.3 16.4 5.2 0.7
    6月 17.8 58.5 17.3 5.6 0.9
    7月 18.1 58.8 17.0 5.2 0.8
    8月 18.0 58.5 17.1 5.4 1.0
    9月 17.7 59.5 16.4 5.6 0.9
    10月 18.1 59.0 16.9 5.2 0.8
    11月 18.6 58.3 17.2 5.1 0.8
    12月 18.6 58.3 17.0 5.1 1.0
    1月 18.7 58.4 16.9 5.1 1.0
    2月 17.6 59.4 17.0 5.1 1.0
    3月 18.2 58.5 17.1 5.3 0.9
    18.2 58.8 16.9 5.3 0.9
  • 地区別患者割合 外来患者割合【平成28年度】(単位:%)

    表は左右スクロールできます

      静岡市 静岡市外 県外
    葵区 駿河区 清水区
    4月 18.4 58.3 16.8 5.6 0.8
    5月 18.1 58.8 16.8 5.5 0.9
    6月 17.7 59.2 16.6 5.6 0.8
    7月 18.4 58.9 16.5 5.6 0.7
    8月 18.7 58.2 16.5 5.7 1.0
    9月 18.8 58.5 16.1 5.7 0.8
    10月 18.3 58.6 16.6 5.7 0.8
    11月 18.1 59.7 16.0 5.5 0.7
    12月 18.3 59.1 16.2 5.5 0.9
    1月 18.5 59.6 15.7 5.1 1.0
    2月 18.3 59.8 15.8 5.4 0.7
    3月 18.5 58.9 16.6 5.4 0.7
    18.4 59.0 16.3 5.5 0.8
  • 地区別患者割合 外来患者割合【平成27年度】(単位:%)

    表は左右スクロールできます

      静岡市 静岡市外 県外
    葵区 駿河区 清水区
    4月 18.2 58.5 17.1 5.4 0.7
    5月 18.6 59.2 16.0 5.4 0.8
    6月 18.6 58.7 16.4 5.5 0.8
    7月 18.5 58.6 16.6 5.5 0.9
    8月 18.5 58.9 16.1 5.7 0.9
    9月 18.4 59.3 16.3 5.4 0.7
    10月 17.9 59.6 16.3 5.6 0.7
    11月 18.4 58.7 16.5 5.5 0.8
    12月 18.3 58.7 16.2 6.0 0.9
    1月 17.5 59.4 16.6 5.7 0.8
    2月 17.6 59.8 16.0 5.8 0.8
    3月 18.4 58.1 16.8 5.8 0.9
    18.2 58.9 16.4 5.6 0.8
  • 年齢別患者数割合 入院

    表は左右スクロールできます

    年齢 平成27年度 平成28年度 平成29年度
    延べ数 構成比 延べ数 構成比 延べ数 構成比
    5,557 3.7% 5,975 3.7% 6,720 4.1%
    1~4 1,655 1.1% 1,283 0.8% 2,081 1.3%
    5~9 720 0.5% 731 0.5% 886 0.5%
    10~19 1,570 1.0% 1,716 1.1% 1,891 1.1%
    20~29 5,465 3.6% 4,901 3.1% 5,346 3.2%
    30~39 9,172 6.1% 9,087 5.7% 8,664 5.2%
    40~49 7,853 5.2% 9,399 5.9% 9,277 5.6%
    50~59 12,312 8.2% 13,869 8.7% 13,291 8.0%
    60~64 11,288 7.5% 10,010 6.3% 10,716 6.5%
    65~69 15,643 10.4% 15,122 9.4% 16,842 10.2%
    70~74 17,032 11.3% 15,513 9.7% 17,287 10.4%
    75~79 19,524 12.9% 19,967 12.4% 18,941 11.4%
    80~ 42,998 28.5% 52,512 32.7% 53,674 32.4%
    150,789   160,085   165,616  
  • 年齢別患者数割合 外来

    表は左右スクロールできます

    年齢 平成27年度 平成28年度 平成29年度
    延べ数 構成比 延べ数 構成比 延べ数 構成比
    6,918 3.1% 8,012 3.4% 8,510 3.5%
    1~4 8,265 3.6% 8,511 3.6% 9,330 3.8%
    5~9 4,818 2.1% 5,247 2.2% 5,635 2.3%
    10~19 6,185 2.7% 6,335 2.7% 7,019 2.9%
    20~29 11,683 5.2% 11,633 4.9% 11,893 4.9%
    30~39 18,861 8.3% 19,372 8.2% 18,983 7.8%
    40~49 21,688 9.6% 22,832 9.7% 23,408 9.6%
    50~59 25,827 11.4% 27,447 11.6% 28,541 11.7%
    60~64 17,803 7.9% 16,642 7.1% 16,310 6.7%
    65~69 23,607 10.4% 26,547 11.3% 26,282 10.7%
    70~74 24,869 11.0% 23,521 10.0% 24,621 10.1%
    75~79 23,720 10.5% 23,747 10.1% 26,051 10.6%
    80~ 32,124 14.2% 35,884 15.2% 38,240 15.6%
    226,368   235,730   244,823  

診療科別に関する指標(平成27~29年度)


  • 延べ患者数及び1日平均 入院患者数(診療科別)

    表は左右スクロールできます

      平成27年度 平成28年度 平成29年度
    延べ数 1日平均 延べ数 1日平均 延べ数 1日平均
    小児外科 0 0.0 0 0.0 0 0.0
    外科 12,278 33.5 10,751 29.5 11,461 31.4
    脳神経外科 11,342 31.0 10,187 27.9 10,249 28.1
    心臓血管外科 2,904 7.9 2,573 7.0 3,723 10.2
    呼吸器外科 0 0.0 0 0.0 0 0.0
    循環器内科 7,608 20.8 11,336 31.1 8,948 24.5
    不整脈科 2,533 6.9 3,103 8.5 2,991 8.2
    腎臓内科 10,951 29.9 12,532 34.3 12,981 35.6
    内分泌代謝科 1,022 2.8 1,464 4.0 1,246 3.4
    緩和医療科 2,591 7.1 2,023 5.5 450 1.2
    総合診療科 52 0.1 60 0.2 39 0.1
    消化器内科 15,785 43.1 17,247 47.3 16,202 44.4
    神経内科 10,540 28.8 9,228 25.3 10,174 27.9
    呼吸器内科 325 0.9 7,278 19.9 12,750 34.9
    血液内科 3,722 10.2 3,929 10.8 4,761 13.0
    整形外科 28,526 77.9 25,974 71.2 27,147 74.4
    耳鼻咽喉科 5,805 15.9 5,955 16.3 6,135 16.8
    眼科 4,150 11.3 4,422 12.1 4,175 11.4
    小児科 7,812 21.3 7,947 21.8 9,678 26.5
    産婦人科 10,576 28.9 9,984 27.4 9,417 25.8
    皮膚科 1,949 5.3 2,252 6.2 1,482 4.1
    形成外科 2,780 7.6 3,536 9.7 3,115 8.5
    泌尿器科 6,858 18.7 7,243 19.8 7,546 20.7
    麻酔科 0 0.0 0 0.0 0 0.0
    精神科 0 0.0 0 0.0 0 0.0
    放射線科 0 0.0 0 0.0 0 0.0
    歯科 680 1.9 1,061 2.9 946 2.6
    150,789 412.0 160,085 438.6 165,616 453.7
    実日数 366 365 365
  • 延べ患者数及び1日平均 外来患者数(診療科別)

    表は左右スクロールできます

      平成27年度 平成28年度 平成29年度
    延べ数 1日平均 延べ数 1日平均 延べ数 1日平均
    小児外科 0 0.0 0 0.0 0 0.0
    外科 11,190 46.0 11,071 45.7 11,495 47.1
    脳神経外科 9,167 37.7 9,187 38.0 9,747 39.9
    心臓血管外科 5,090 20.9 4,515 18.7 4,600 18.9
    呼吸器外科 0 0.0 0 0.0 0 0.0
    循環器内科 5,838 24.0 6,136 25.4 6,150 25.2
    不整脈科 2,584 10.6 2,728 11.3 2,693 11.0
    腎臓内科 13,757 56.6 14,609 60.4 15,589 63.9
    内分泌代謝科 6,047 24.9 6,084 25.1 5,974 24.5
    緩和医療科 994 4.1 735 3.0 744 3.0
    総合診療科 8,269 34.0 7,961 32.9 8,017 32.9
    消化器内科 10,010 41.2 10,671 44.1 10,197 41.8
    神経内科 12,278 50.5 12,058 49.8 12,589 51.6
    呼吸器内科 604 2.5 3,206 13.2 5,096 20.9
    血液内科 5,038 20.7 5,532 22.9 5,800 23.8
    整形外科 25,529 105.1 28,792 119.0 29,568 121.2
    耳鼻咽喉科 15,751 64.8 16,368 67.6 17,631 72.3
    眼科 14,017 57.7 13,804 57.0 13,013 53.3
    小児科 20,161 83.0 21,979 90.8 24,088 98.7
    産婦人科 16,365 67.3 16,438 67.9 15,492 63.5
    皮膚科 11,544 47.5 11,721 48.4 11,651 47.8
    形成外科 5,704 23.5 5,863 24.2 5,970 24.5
    泌尿器科 11,096 45.7 11,383 47.0 13,315 54.6
    麻酔科 16 0.1 18 0.1 18 0.1
    精神科 2,138 8.8 2,260 9.3 2,453 10.1
    放射線科 2,052 8.4 1,974 8.2 1,990 8.2
    歯科 11,129 45.8 10,637 44.0 10,943 44.8
    226,368 931.6 235,730 974.1 244,823 1,003.4
    実日数 243 242 244

DPCデータに基づく病院情報

当院はDPCデータから、全国統一の定義と形式に基づいた病院指標を自ら作成し、情報公開を進めています。この指標の公開は、医療の質向上および当院の特徴、急性期医療の現状を理解していただく事を目的としています。

【DPC/PDPS(診断群分類別包括支払制度)とは】

入院患者さんの病名や症状をもとに、手術や処置などの診療行為の有無に応じて厚生労働省が定めた1日当たりの定額点数から入院医療費を計算する制度です。 この制度に基づくデータが、DPCデータと言われるもので、定期的に厚生労働省に提出しています。
DPCの制度では、疾患を一定の定義に従って18種類に分類(主要診断群分類)し、さらに診療内容などにより14桁のDPCコードへ細分化します。 そのため、各指標で表記されているDPCコードおよび名称と診療科の名称が合致しない場合があります。

平成30年度 静岡済生会総合病院 病院指標

【対象データ】

平成30年度(平成30年4月1日~平成31年3月31日)中に当院を退院した患者さんのデータを集計対象としています。
ただし、健康保険(公費、生活保護を含む)を使用した患者さんを対象とし、自動車賠償責任保険や労災保険、自費等の患者さんは含まれません。

  1. 1.年齢階級別退院患者数
  2. 2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 4.成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 5.脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. 7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1,062 213 333 621 640 848 1,423 2,100 1,885 617
【解説】
当院は、静岡市駿河区唯一の公的医療機関であり、地域医療支援病院として幅広い年齢層の患者さんを診察しております。
特に小児の患者さんは、静岡医療圏において小児専門病院に次ぐ患者数となっております。
また、60歳以上の患者さんが病院全体の6割を超えており、症状が比較的重症になりやすい高齢者の入院が多くなる傾向にあります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
内分泌代謝科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2あり 副傷病なし 85歳未満 11 11.09 13.90 0.00% 57.27 糖尿病教育入院
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2あり 副傷病あり85歳未満 - - - - -  
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2あり 副傷病あり 85歳未満 - - - - -  
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 85歳未満 - - - - -  
【解説】
糖尿病治療をこれから始める方、糖尿病コントロールの悪い方、進行した糖尿病合併症のある方に必要な糖尿病教育入院の患者さんが多くいらっしゃいます。当院には糖尿病専門スタッフ(糖尿病認定看護師、糖尿病療養指導士、看護師、薬剤師、栄養士)が複数おり、日常生活の指導、自己血糖測定指導、インスリン自己注射指導、服薬指導などを行っております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 96 6.05 6.19 0.00% 1.06 小児肺炎・急性気管支炎
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 90 8.21 6.17 2.22% 0.00
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 手術・処置等1あり 86 1.06 2.14 0.00% 2.30 食物負荷試験
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 64 4.56 5.42 0.00% 3.63
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 63 5.79 6.62 1.59% 2.79 小児喘息様気管支炎
【解説】
当科では、気管支炎や肺炎といった小児呼吸器疾患の症例が多くなっております。2番目に多い症例は、羊水大量吸引症候群や新生児黄疸などの新生児疾患ですが、DPCコードは出生体重によって細分化されているため患者数が分散されております。出生体重による細分化を除外すると、当科で最も多い疾患となります。当院は、地域周産期母子医療センターに指定されており、新生児の受け入れが多くなっております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 100 4.59 4.96 0.00% 66.35 鼠径ヘルニア手術
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 61 10.98 10.59 0.00% 60.59 乳腺切除術
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 56 8.04 8.95 3.57% 65.50
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 6.46 7.30 0.00% 60.46 腹腔鏡下胆嚢摘出術
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 26 5.54 5.49 0.00% 40.08 虫垂切除術
【解説】
当院では「がんトータルケア」のコンセプトのもとに、「治す医療」と「支える医療」の両面からがん診療に力を入れております。 乳がん、大腸がん、を罹患する患者さんが増加しており、当院で治療を受ける方も増えています。
がん以外では、鼠径部ヘルニアの手術症例が多く、また、救急医療に力を注いでいることもあり、当科では腸閉塞、胆嚢炎、虫垂炎などの腹部救急疾患の入院症例が上位を占めています。腸閉塞は点滴や経鼻チューブなどで保存的に治療することも多い疾患ですが、手術が必要となった場合は可能な限り腹腔鏡下手術を行い、良好な成績を得ています。虫垂炎はDPC分類の影響で症例が分散しておりますが、トータルではイレウスを超える症例数です。虫垂炎、胆嚢炎については手術適応があれば、ほぼ全例腹腔鏡下手術を行っております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 249 26.53 26.30 60.64% 82.26 大腿骨頸部骨折手術
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 73 4.88 5.68 0.00% 61.75
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 52 30.35 19.61 38.46% 77.37
160780xx97xx0x 手関節周辺骨折脱臼 手術あり 副傷病なし 43 5.21 4.13 0.00% 37.07
160740xx01xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 副傷病なし 42 5.98 5.55 0.00% 23.62
【解説】
最も多い症例は、大腿骨骨折で骨折手術や人工骨頭挿入手術などを行っている症例です。高齢化に伴い骨粗鬆症などで転倒により生じやすい病気です。地域連携病院と治療計画を共有(地域連携パス)することで、リハビリ病院などへ転院する患者さんが多くいらっしゃいます。外傷患者、救急患者の受け入れが多くなっています。当院では、上肢の外科を専門とする手外科・マイクロサージャリーセンターを有しており、その症例も数多く対応しています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 15 19.93 12.51 13.33% 69.07
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 12 6.67 5.37 0.00% 33.08 鼻骨骨折手術
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし 10 4.60 4.86 0.00% 45.90
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし - - - - -
080250xx9701xx 褥瘡潰瘍 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2あり - - - - -
【解説】
当科で最も多い症例は、細菌感染で起こる蜂窩織炎です。抗生剤の適切な使用等で早期退院を心がけています。2番目に多い症例は、顔面損傷で鼻骨や頬骨・下顎骨など顔面の骨折が該当します。治療は手術による観血的整復術と、傷を作らない徒手整復術があり、平均在院日数も短く早期に退院している患者さんが多くなっております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 53 13.98 9.69 11.32% 78.92
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 39 5.87 7.35 0.00% 64.67
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 26.19 18.72 42.31% 73.42
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 25.18 21.23 52.94% 70.18
010200xx99x00x 水頭症 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 2.50 7.07 0.00% 77.31
【解説】
当科で多数を占める症例は、脳振盪や外傷性くも膜下出血、急性硬膜下血腫、外傷性慢性硬膜下血腫です。手術の有無で分かれます。早期退院を心がけ、患者さんの負担のないよう、努めています。
次いで多い症例は、非外傷性の脳出血で脳の視床や被殻といったところからの出血が多くみられます。出血量が多い場合には手術(脳内血栓除去術)を選択することもあります。急性期を脱し状態が落ち着くと、リハビリ目的に転院する割合が高くなっています。
胸部・心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。)ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2あり 副傷病なし 17 23.71 24.00 0.00% 71.59  
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 13 11.46 12.01 7.69% 77.00 大動脈ステント留置術
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 12.33 17.66 0.00% 80.42  
050161xx99000x 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -  
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 - - - - -  
【解説】
最も多い症例は、大動脈弁や僧帽弁の狭窄症・閉鎖不全症に対し弁置換術などを行った症例が該当します。人工心肺を使用する大がかりな手術のため、平均在院日数も比較的長い疾患になります。次に多い症例は、非破裂性大動脈瘤に対しステントグラフト内挿術を行った症例が該当します。開放手術に比べ患者さんの負担が軽減され、在院日数も短縮できます。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 113 9.55 9.70 0.00% 33.41 帝王切開術
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 39 22.51 19.69 5.13% 31.56
120180xx99xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 手術なし 38 7.00 6.52 0.00% 31.89
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 37 9.43 9.63 0.00% 34.08
120160xx01xxxx 妊娠高血圧症候群関連疾患 子宮破裂手術等 27 13.00 13.66 0.00% 34.37
【解説】
最も多い症例は、既往術後妊娠や骨盤位などにより帝王切開が必要となった症例が該当します。当院ではパスを使用しており8泊9日で退院される患者さんが多いです。
当院は地域周産期母子医療センターに指定されており、周産期に関する患者を多く受け入れています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 24 2.83 2.84 4.17% 74.29 白内障
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 - - - -
020210xx99x0xx 網膜血管閉塞症 手術なし 手術・処置等2なし - - - - -
020130xxxxxxxx 原田病 - - - - -
020280xx99xxxx 角膜の障害 手術なし - - - - -
【解説】
白内障をはじめとして、網膜剥離、糖尿病性網膜症に対する硝子体手術など、眼科疾患全般に幅広く対応していますが、当科の入院はDPC対象病棟ではない地域包括ケア病棟に入院することが多いため、ほとんどの疾患は上記の表には含まれません。地域包括ケア病棟が満床の場合などに他の病棟に入院となった症例のみ、上記表に記載されます。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 97 10.14 9.02 0.00% 58.74 突発性難聴
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 92 2.00 2.04 0.00% 55.36 PSG検査
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 62 6.21 5.43 0.00% 43.87
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 55 5.53 5.10 0.00% 66.71
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 36 8.14 7.89 0.00% 25.22 扁桃摘出手術
【解説】
最も多い症例の突発性難聴は、副腎皮質ホルモンの投与を中心に血管拡張剤などの点滴と、高気圧酸素療法などを組み合わせて治療を行います。点滴自体は10日間なので全国平均と変わりありませんが、当院の平均在院日数が全国よりも長いのは、当院は高気圧酸素治療室を有しており、遠方からの紹介患者さんが多く、毎日の通院が困難にて入院のまま継続していただいているのが要因と考えられます。駿河区・葵区の患者さんはほぼ10日間の入院です。
2番目に多い症例は、睡眠時無呼吸症候群の検査入院です。
3番目に多い症例は、扁桃周囲膿瘍や急性化膿性扁桃炎などで抗生剤などの点滴による治療を行った症例が該当します。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 84 20.90 16.18 32.14% 70.31
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 26 17.35 18.22 30.77 78.58
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 35.96 20.92 19.23 84.08
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 13.79 7.28 4.17 70.63
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale3、4又は5 - - - - -
【解説】
当科で多数を占める症例は脳梗塞です。エダラボン(脳保護剤)投与による治療の症例が多数となります。前提条件はありますが、血栓溶解療法(t-PA治療)を行う症例も数多く見られます。急性期を脱した後、後遺障害のリハビリ目的のために転院する割合が高くなっております。
2番目に多い誤嚥性肺炎は、脳梗塞後遺症やパーキンソン病などを併存し嚥下機能障害がみられる患者さんに発生しやすい病気です。平均年齢も高く、症状が安定した後も転院し治療継続される患者さんが多いのも特徴です。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 41 12.02 12.51 0.00% 63.63  
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 26 8.38 8.98 0.00% 71.04 帯状疱疹
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - - - - -  
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 手術・処置等1なし - - - - -  
080190xxxxxxxx 脱毛症 - - - - -  
【解説】
最も多い急性膿皮症は細菌感染で起こる蜂巣炎や丹毒です。外来治療では十分な治療を行えない重症患者さんの入院治療を行っております。
次いで多い症例の帯状疱疹は痛みを伴う紅斑や水疱を症状とする疾患で、抗ウイルス薬による治療を行います。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 75 15.77 12.58 9.33% 72.88  
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 62 2.00 2.53 0.00% 72.48 前立腺生検検査
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 61 4.66 5.62 0.00% 62.46 経尿道的尿管結石砕石術
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 57 6.89 7.20 1.75% 71.26 経尿道的膀胱腫瘍切除術
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 52 6.10 8.86 0.00% 72.37
【解説】
最も多い症例は尿路の感染症です。主な疾患は急性腎盂腎炎や急性前立腺炎などです。
2番目に多い症例は前立腺癌が疑われる方への針生検であり、1泊2日でおこなっております。
3番目に多い症例は腎結石、尿管結石に対する経尿道的結石破砕術(TUL)や体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を行った症例です。
4番目に多い症例は膀胱癌に対して手術を行った症例です。経尿道的腫瘍切除術が大半ですが、浸潤癌の場合は膀胱全摘出術を行った例も含まれています。
5番目に多い症例は子宮脱や膀胱脱といった骨盤臓器脱の症例です。主に腹腔鏡下腟仙骨固定術を行っております。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 83 24.67 20.92 15.66% 84.49
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 44 22.84 19.06 4.55% 70.02
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 33 4.03 3.43 0.00% 72.27 気管支鏡検査
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 30 7.87 10.00 0.00% 68.90
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし A-DROPスコア2 28 18.86 15.17 7.14% 83.36
【解説】
最も多い症例は肺炎、特に高齢の患者さんにみられる誤嚥性肺炎です。様々な基礎疾患を有する患者さんが多いです。2番目に多い症例は間質性肺炎で、特発性間質性肺炎、膠原病肺、過敏性肺臓炎などの診療を行っております。3、4番目に多い多い症例は肺の悪性腫瘍です。手術適応がある場合には他院と連携して治療を行います。化学療法・放射線療法・免疫療法は当院で実施しております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 249 2.62 3.01 0.40% 69.23 冠動脈造影検査(CAG)橈骨
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 140 6.28 4.47 0.00% 71.94 冠動脈治療(PCI)橈骨
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 63 20.48 17.66 12.70% 82.00
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 43 20.74 20.92 27.91% 84.35
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 15.84 12.52 0.00% 70.95
【解説】
最も多い症例は、狭心症などに対する心臓カテーテル検査のための入院で、当科全症例の3割以上を占めます。この検査の結果、心臓カテーテル治療が必要となった症例が2番目に多い症例に該当します。
虚血性心疾患の症例が多くなっており、緊急手術にも対応しております。
不整脈科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 83 4.83 5.15 0.00% 61.39 経皮的心筋焼灼術(アブレーション)
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 44 8.57 11.01 0.00% 73.39 ペースメーカー・ICD新規植え込み手術
050070xx01x10x 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2あり 副傷病なし 32 6.75 8.25 0.00% 63.00
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 14.64 17.66 10.71% 80.25
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
【解説】
最も多い症例は、心室期外収縮や心房細動などの頻脈性不整脈に対して経皮的カテーテル心筋焼灼術(アブレーション)を行った症例です。また、心室性不整脈を有する方では突然死のリスクがあるため、必要に応じて植え込み型除細動器(ICD)の移植も行っております。
次いで多い徐脈性不整脈は、房室ブロックや洞不全症候群などに対しペースメーカー移植術などを行った症例です。インターネット回線を通じて、自宅にいる患者さんの情報を見ることができるホームモニタリングシステムも順次導入しており、異常を早期に発見することができ、将来的には患者さんの通院負担軽減に役立つと期待されています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 66 13.53 12.05 12.12% 66.47
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 57 25.35 20.92 15.79% 81.75
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 8.70 8.75 4.35% 68.15 シャント増設手術
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 37 7.05 7.18 0.00% 52.30 腎生検
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 22.74 17.66 9.68% 82.06
【解説】
検尿異常、腎機能低下のため健診やかかりつけ医から紹介され、精査のため腎生検を行い、治療する患者さんが徐々に増加しています。バスキュラーアクセス関連の手術(血液透析導入時の内シャント増設、維持透析患者のシャント血管拡張術、シャント血栓除去術)が増加傾向にあり、他院からの手術依頼も増加傾向にあります。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 28 30.07 21.33 7.14% 79.04
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等24あり 16 9.44 10.62 0.00% 86.63
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 10 43.90 32.36 0.00% 72.50
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり - - - - -
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし - - - - -
【解説】
疾患別症例数では、非ホジキンリンパ腫(42例)、多発性骨髄腫(22例)、骨髄異形成症候群(55例)の順に多いのですが、同じ疾患でも治療が異なるためDPCコードが異なり、患者数が分散したため、このような順位となっております。
特殊な薬剤を使用しなければならない症例などは、DPC対象外となってしまい、上記表には含まれませんが、当科では様々な血液疾患を診療しております。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 75 9.03 10.08 1.33% 75.53
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 9.22 10.58 2.70% 70.89
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 23.93 20.92 7.41% 85.85
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 25 7.08 7.75 0.00% 69.88
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 20 20.20 12.58 5.00% 79.95
【解説】
最も多い症例は、総胆管結石性胆管炎や急性胆管炎などで内視鏡による治療を行ったものとなります。
消化管の緊急症例、及び緊急の内視鏡検査も数多く対応しております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 20 - - - 12 15 1 7
大腸癌 11 20 18 12 13 34 1 7
乳癌 40 21 - - 11 24 1 7
肺癌 - - 17 34 23 57 1 7
肝癌 - - - - - 18 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【解説】
5大癌とは、日本で発症症例が多いとされる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌のことです。
UICC(国際対がん連合)が定めた腫瘍の病期分類があり、T(原発巣の大きさと浸潤度)、N(所属リンパ節への転移状況)、M(遠隔転移の有無)を評価し、これらの要素によってがんをⅠ~Ⅳの病期(がん種によって0期もあり)に分類します。
外科では、胃癌、大腸癌、乳癌の患者さんが多く、肝癌は消化器内科で多くの方を診療しております。
肺癌に関しては、平成28年度より呼吸器内科の常勤医師が着任いたしましたので、年々症例数が増加しております。
肝癌の症例数が多いのは、肝動脈塞栓術などを目的とする患者さんが繰り返し入院されることが要因と考えられます。
当院は、健康管理センターを併設しており、早期発見・早期治療を目指しております。癌が見つかった場合、「がんトータルケア」のコンセプトのもとに、手術や化学療法、放射線療法といった「治す医療」に加え、緩和医療や生活支援など「支える医療」にも力を入れており、個々の患者さんに合わせた切れ目のない診療を目指しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 31 10.74 57.29
中等症 173 19.52 78.23
重症 67 22.04 84.21
超重症 17 25.24 84.47
不明 - - -
【解説】
当院の成人市中肺炎の患者さんは、中等症から重症にかけて割合が高い傾向です。平均年齢も高く、A-DROPスコアの年齢の評価項目に該当しているためと考えられます。また、重症度に比例して平均在院日数も長くなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
I63$ 脳梗塞 3日以内 215 25.94 75.21 38.14%
その他 - - - -
【解説】
脳梗塞の中でも、特に発症日から3日以内の急性期脳梗塞が集計全体の8割以上を占めています。平均年齢が75歳と後期高齢者の方が多くなっています。
急性期を脱し症状が落ち着くと4割程度の患者さんがリハビリ専門病院などへ転院します。また、5割程度の患者さんは、そのまま自宅へ退院されています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
小児科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 157 0.00 20.54 1.27% 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの 18 0.00 37.83 5.56% 0.00
K7151 腸重積症整復術(非観血的) - - - - -
K2762 網膜光凝固術(その他特殊) - - - - -
K367 咽後膿瘍切開術 - - - - -
【解説】
当院は地域周産期母子医療センターの指定を受けております。NICUでの新生児医療分野では、極小未熟児から成熟児を中心とした新生児急性疾患を多数受け入れているため、新生児に関する手術が多くなっております。
外科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 57 1.18 2.12 0.00% 71.12 鼠径ヘルニア手術
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 51 2.08 4.51 0.00% 58.20 腹腔鏡下胆嚢摘出術
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 44 1.00 2.95 0.00% 59.41 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 39 1.00 7.85 0.00% 59.38 乳腺切除術
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 28 5.68 13.04 0.00% 73.25 腹腔鏡下結腸切除術
【解説】
鼠径ヘルニア手術は患者さんの年齢・全身状態・ご希望などを考慮し、鼠径部切開による従来法か、腹腔鏡下手術かを選択しております。虫垂切除術は全例、胆嚢摘出術は一部の腫瘍を疑う症例を除いて全例、腹腔鏡下手術を行っております。
がん手術では、乳がん手術が増えており、ご希望もうかがいながら、それぞれの患者さんに適した医療を選択しております。大腸がん(結腸がん・直腸がん)の手術例も多く、安全性・根治性を考慮し、積極的に腹腔鏡下手術を行っております。
この他に、胃がんなど症例の多いがんもガイドラインに沿って手術を行っております。
腹腔鏡下手術は患者さんの体への負担に配慮した低侵襲手術であり、当科では安全性に十分配慮した上で施行しております。
整形外科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 186 1.56 21.98 48.39% 78.76 大腿骨頸部骨折手術
K0811 人工骨頭挿入術 股 93 3.37 22.61 61.29% 82.97 大腿骨頸部骨折手術
K0462 骨折観血的手術 前腕、腿、手舟状骨 80 1.61 9.23 3.75% 59.56 橈骨遠位端骨折手術
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 46 1.43 12.46 2.17% 49.37  
K0821 人工関節置換術 膝 43 2.56 27.63 6.98% 73.60  
【解説】
1、2位の術式に対する症例の多くは大腿骨骨折です。高齢者の骨折が増加している現在、手術が必要と考えられたら、全身状態がよければ可能な限り早く手術を行い、早期リハビリ、早期社会復帰を目指しています。
当科では地域連携病院と治療計画を共有することで、術後、リハビリ病院等へ転院する患者さんが多くいらっしゃいます。
脳神経外科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 49 1.49 17.57 18.37% 80.12
K1742 水頭症手術(シャント手術) 19 12.16 22.05 21.05% 78.58
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 17 1.35 44.12 58.82% 62.65
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 11 7.36 34.55 18.18% 64.36
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) - - - - -
【解説】
救命救急センターを併設しておりますので、救急疾患の割合が多く、頭部外傷と脳血管障害で入院される患者さんが多くを占めています。そのため、それら疾患に対する手術数が多くなっています。
当科では早期より神経内視鏡手術を導入し、特発性正常圧水頭症に対しLPシャント(腰椎-腹腔短絡術)を積極的に選択しています。
胸部・心臓血管外科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5612 ロ ステントグラフト内挿術 腹部大動脈 14 1.36 11.07 14.29% 77.29 大動脈ステント留置術
K5552 弁置換術(2弁) 12 19.08 19.83 0.00% 70.58
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 - - - - -
K5551 弁置換術(1弁) - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
【解説】
当科では「下肢静脈瘤・血管治療センター」を開設し、下肢静脈瘤および末梢動脈を含めた血管疾患全般の診療を積極的に行っています。手術数もそれら該当疾患に対するものが上位となっております。
2位の下肢静脈瘤の手術に関しまして、新しいレーザー治療装置と高周波治療装置を使用し、合併症が少なく、疼痛や皮下出血といった症状も格段に少なくなりました。95%以上の患者さんが外来での日帰り手術となり、この統計には表れてきません。入院の場合でも、入院期間は一泊二日です。
産婦人科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 139 4.22 7.08 0.00% 33.60 帝王切開術
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 62 2.02 7.39 0.00% 33.85 緊急帝王切開術
K877 子宮全摘術 38 1.18 8.03 0.00% 51.82 腹腔鏡下子宮全摘術
K8962 会陰(腟壁)裂創縫合術(分娩時)(肛門に及ぶ) 24 1.67 6.17 0.00% 33.04  
K9091 ロ 流産手術(妊娠11週まで) 23 0.00 1.00 0.00% 34.70 流産手術②
【解説】
当院は地域周産期母子医療センターの指定を受けています。ハイリスク妊娠・分娩の管理入院、緊急母体搬送など可能な限り対応していますので、予定・緊急共に帝王切開術の術数が多くなっています。
眼科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821 ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 24 0.00 1.83 4.17% 74.29 白内障
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの - - - - -  
K226 眼窩膿瘍切開術 - - - - -  
K246 角膜・強膜縫合術 - - - - -  
K275 網膜復位術 - - - - -  
【解説】
白内障をはじめとして、網膜剥離、糖尿病性網膜症に対する硝子体手術など数多く行っておりますが、当科の入院はDPC対象病棟ではない地域包括ケア病棟に入院することが多いため、ほとんどの疾患は上記表には含まれません。地域包括ケア病棟が満床の場合などに他の病棟に入院となった症例のみ、上記表に記載されます。
耳鼻咽喉科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 39 0.97 6.85 0.00% 24.92 扁桃摘出術
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 30 0.97 5.23 0.00% 59.70 慢性副鼻腔炎手術
K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの 16 1.00 3.19 0.00% 69.44 喉頭顕微鏡下手術(2泊3日)喉頭顕微鏡下手術(6泊7日)
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ) 14 1.07 5.50 0.00% 53.36 甲状腺全摘術
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) 11 0.18 1.27 0.00% 64.73
【解説】
1位は扁桃炎を繰り返す方、もしくは手術にて睡眠時無呼吸の大幅な改善が見込める方に行う手術です。
次いで慢性副鼻腔炎に対する手術です。原則的にまずは薬物治療を2~3ヶ月行い、効果が得られない場合は入院していただき鼻内内視鏡を用いて手術を行います。
3位は声帯ポリープ・喉頭腫瘍等を直達喉頭鏡を用いて切除する手術となっております。
泌尿器科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 76 0.83 2.97 1.32% 62.43 経尿道的尿管結石砕石術
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 46 0.85 8.80 6.52% 71.22
K8036 イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 46 1.61 4.43 2.17% 70.43 経尿道的膀胱腫瘍切除術
K865-2 腹腔鏡下仙骨腟固定術 38 1.00 3.26 0.00% 70.50 膣仙骨固定術
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 21 1.38 6.14 0.00% 73.71 経尿道的前立腺切除術
【解説】
1位は尿路結石症に対する手術です。内視鏡での結石破砕を行います。早期に退院可能で負担も少なくなるよう努めております。
3位は膀胱がんに対する手術となっております。病期・状態に応じて手術、放射線、化学療法を選択します。
また、当院は女性泌尿器科を有しておりますので、子宮脱、及び骨盤臓器脱に対する手術が増加しております。
循環器内科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 122 4.41 4.44 0.82% 72.73 冠動脈治療(PCI)橈骨
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 29 0.10 11.52 0.00% 73.03
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 23 0.00 19.52 8.70% 69.57
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの 18 1.78 2.94 0.00% 70.67
K5481 経皮的冠動脈形成術(高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテル) - - - - -
【解説】
虚血性心疾患に対する心臓カテーテル治療の手術が上位を占めました。
一刻を争う緊急治療も数多く対応しています。
不整脈科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 84 1.69 3.11 0.00% 62.73 経皮的心筋焼灼術
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの 33 1.15 2.42 0.00% 60.39
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 21 2.43 10.90 4.76% 78.71 ペースメーカー・ICD植え込み術
K5973 植込型心電図記録計移植術 12 4.67 7.75 8.33% 80.42
K597-2 ペースメーカー交換術 - - - - - ペースメーカー・ICD交換術
【解説】
1、2位は頻脈性不整脈に対する手術です。カテーテルアブレーションと呼ばれます。この手術のような最新の侵襲的治療と薬物療法を中心とした非侵襲的治療をうまく組み合わせながら患者さんにとってよりよい方向に進むような治療を行っていきます。
3位は徐脈性不整脈に対する手術です。ペースメーカーを移植された患者さんの情報をインターネット回線を通じてみることができるホームモニタリングシステムも順次導入しております。
腎臓内科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 103 0.80 4.81 21.36% 71.60
K610-3 内シャント設置術 66 5.26 15.12 4.55% 70.58 シャント造設術1泊シャント造設術2泊
K6147 血管移植術,バイパス移植術 その他の動脈 16 18.31 55.13 18.75% 72.75
K607-3 上腕動脈表在化法 - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
【解説】
バスキュラーアクセス関連の手術件数は増加傾向にあります。自己血管だけでなく、人工血管を用いたバスキュラーアクセス作成も行っています。腹膜透析のためのカテーテル挿入術も今年度から当科で行うようになりました。
消化器内科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 44 0.82 13.98 0.00% 76.39
K654 内視鏡的消化管止血術 40 1.15 11.50 5.00% 72.93
K6872 内視鏡的乳頭切開術 胆道砕石術を伴うもの 27 0.48 11.59 3.70% 75.63
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 22 1.55 7.50 0.00% 74.09
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 20 1.25 5.80 5.00% 70.90
【解説】
当科は内視鏡的治療を積極的に施行しております。
高齢者の患者さんが増加しており、より低侵襲の検査・治療、入院期間の短縮を心がけております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 48 0.49%
異なる 30 0.31%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 24 0.33%
異なる - -
【解説】
播種性血管内凝固症候群(DIC)や敗血症はDPCにて高額な点数が設定されており、臨床的に根拠のある診断でなければアップコーディング(不適切な高額点数の請求)を疑われかねない病名とされ、DPC/PDPS傷病名コーディングテキスト(厚生労働省保険局医療課発行)でも明記されております。
厚生労働省による平成27年度DPC対象病院データ集計では、全症例に対する各疾患の割合は、播種性血管内凝固症候群0.17%、敗血症0.58%、その他真菌症0.04%、手術・処置などの合併症0.72%と公開されております。
全国値と比べ当院は、敗血症は同等、播種性血管内凝固症候群とその他真菌症は低く、手術・処置等の合併症は高い結果となりました。
手術・処置等の合併症は、入院契機と「異なる」場合の症例は少ないので、当初の目的のための手術や処置を行ったあと発生した合併症は少ないと考えられます。
手術や処置などは、合併症を起こさないよう細心の注意を払って診療・治療を行っております。臨床上ゼロにするのは難しいことですが、より確率が低くなるよう最善を尽くしてまいります。

平成29年度 静岡済生会総合病院 病院指標

【対象データ】

平成29年度(平成29年4月1日~平成30年3月31日)中に当院を退院した患者さんのデータを集計対象としています。
ただし、健康保険(公費、生活保護を含む)を使用した患者さんを対象とし、自動車賠償責任保険や労災保険、自費等の患者さんは含まれません。

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢
区分
0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1,056 249 420 656 772 976 1,791 2,265 2,024 641
【解説】
当院は、静岡市駿河区唯一の公的医療機関であり、地域医療支援病院として幅広い年齢層の患者さんを診察しております。
特に小児の患者さんは、静岡医療圏において小児専門病院に次ぐ患者数となっております。
また、60歳以上の患者さんが病院全体の6割を超えており、症状が比較的重症になりやすい高齢者の入院が多くなる傾向にあります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

内分泌代謝科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 23 11.09 14.27 0.00% 62.83 糖尿病教育入院
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 13.3 13.57 0.00% 51.5
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 15.87  
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2あり 副傷病あり85歳未満 15.63  
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 14.63  
【解説】
糖尿病治療をこれから始める方、糖尿病コントロールの悪い方、進行した糖尿病合併症のある方に必要な糖尿病教育入院の患者さんが多くいらっしゃいます。当院には糖尿病専門スタッフ(糖尿病認定看護師、糖尿病療養指導士、看護師、薬剤師、栄養士)が複数おり、日常生活の指導、自己血糖測定指導、インスリン自己注射指導、服薬指導などを行っております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 110 5.83 5.94 0.00% 1.54 小児肺炎・急性気管支炎
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 88 8.17 6.18 0.00% 0.00
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 75 4.4 5.50 0.00% 3.37

140010x197x0xx

妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術あり 手術・処置等2なし 51 9.84 8.41 1.96% 0.00  
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 50 6.04 6.32 0.00% 3.42  
【解説】
当科では、気管支炎や肺炎といった小児呼吸器疾患の症例が多くなっております。2番目に多い症例は、羊水大量吸引症候群や新生児黄疸などの新生児疾患ですが、DPCコードは出生体重によって細分化されているため患者数が分散されております。出生体重による細分化を除外すると、当科で最も多い疾患となります。当院は、地域周産期母子医療センターに指定されており、新生児の受け入れが多くなっております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 64 6.73 8.98 3.13% 68.83
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 43 6.67 7.4 0.00% 61.72
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 35 4.86 5.56 0.00% 40.23
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 31 8.42 9.88 0.00% 53.32
060150xx02xxxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 30 10.5 10.15 3.33% 58.83
【解説】
当院では救急医療に力を注いでいることもあり、当科ではイレウス(腸閉塞)、大腸憩室炎、虫垂炎、胆嚢炎などの腹部救急疾患の入院症例が上位を占めています。イレウスは点滴や経鼻チューブなどで保存的に治癒することも多い疾患ですが、手術が必要となった場合は可能な限り腹腔鏡下手術を行い良好な成績を得ています。憩室炎は、ほとんどが抗生剤投与などの保存的治療で治癒します。虫垂炎はDPC分類の影響で症例が分散していますが、トータルではイレウスを超える症例数です。虫垂炎、胆嚢炎については手術適応があれば、ほぼ全例腹腔鏡下手術を行っています。この他に虫垂炎同様DPC分類の影響で上位に入ってきませんが、大腸癌、乳癌の症例も多数入院加療しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 225 24.21 27.09 68.44% 81.2 大腿骨頸部骨折手術
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 64 27.09 19.94 39.06% 76.47
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 57 4.63 5.21 0.00% 49.72 橈骨遠位端骨折手術
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等21あり 53 3.23 2.93 0.00% 70.49 ミエログラフィー
160780xx97xx0x 手関節周辺骨折脱臼 手術あり 副傷病なし 50 2.54 4.17 0.00% 38.36
【解説】
最も多い症例は、大腿骨骨折で骨折手術や人工骨頭挿入手術などを行っている症例です。高齢化に伴い骨粗鬆症などで転倒により生じやすい病気です。地域連携病院と治療計画を共有(地域連携パス)することで、リハビリ病院などへ転院する患者さんが多くいらっしゃいます。外傷患者、救急患者の受け入れが多くなっています。当院では、上肢の外科を専門とする手外科・マイクロサージャリーセンターを有しており、その症例も数多く対応しています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 14 6.79 5.6 0.00% 39 鼻骨骨折手術
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術あり 手術・処置等2なし 13 6.69 15.25 0.00% 47.38
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 10 19 11.73 0.00% 72.6
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし 4.86
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 3.29
【解説】
当科で最も多い症例は、顔面損傷で鼻骨や頬骨・下顎骨など顔面の骨折が該当します。
治療は手術による観血的整復術と、傷を作らない徒手整復術があり、平均在院日数も短く早期に退院している患者さんが多くなっております。2番目に多い症例は、乳がん術後の乳房再建目的の入院です。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 56 6.71 7.34 3.57% 54.89
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 43 9.4 9.68 6.98% 70.79
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 35 25.8 19.1 51.43% 71.57
010040x199x01x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 17 54.53 34.28 70.59% 76.59
160100xx97x01x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病あり 17 32.18 23.94 17.65% 73.41
【解説】
当科で多数を占める症例は、脳振盪や外傷性くも膜下出血、急性硬膜下血腫、外傷性慢性硬膜下血腫です。手術の有無で分かれます。早期退院を心がけ、患者さんの負担のないよう、努めています。
次いで多い症例は、非外傷性の脳出血で脳の視床や被殻といったところからの出血が多くみられます。出血量が多い場合には手術(脳内血栓除去術)を選択することもあります。急性期を脱し状態が落ち着くと、リハビリ目的に転院する割合が高くなっています。
胸部・心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 18 2.83 3.2 0.00% 69.28 下肢静脈瘤抜去術(局麻)下肢静脈瘤抜去術(腰麻)
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 17 11.12 12.51 0.00% 76.06  
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 13 23.69 23.93 0.00% 72.15  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 19.69 17.71 0.00% 75  
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 13 17.92 17.95 7.69% 63.92  
【解説】
最も多い症例は、下肢静脈瘤に対し血管内焼灼術(レーザーや高周波焼灼術)や静脈抜去術を行った症例が該当します。患者さんの症状や状態に合わせ、ほとんどは外来での日帰り手術で行っており、年間約350例ありますので、入院の症例数としては減少しています。(入院ではありませんので、上記統計には表れません。)
次に多い症例は、非破裂性大動脈瘤に対しステントグラフト内挿術を行った症例が該当します。開放手術に比べ患者さんの負担が軽減され、在院日数も短縮できます。
4番目に多い症例は、大動脈弁や僧帽弁の狭窄症・閉鎖不全症に対し弁置換術などを行った症例が該当します。人工心肺を使用する大がかりな手術のため、平均在院日数も比較的長い疾患になります。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 123 9.15 9.75 0.00% 33.41 帝王切開術
120140xxxxxxxx 流産 50 2.16 2.43 0.00% 33.36
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 42 21.57 20.41 2.38% 32.38
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 32 9.66 9.91 0.00% 44.19
120180xx99xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 手術なし 30 8.73 6.7 3.33% 30.3
【解説】
最も多い症例は、既往術後妊娠や骨盤位などにより帝王切開が必要となった症例が該当します。当院ではパスを使用しており8泊9日で退院される患者さんが多いです。
当院は地域周産期母子医療センターに指定されており、周産期に関する患者を多く受け入れています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 39 14.56 10.21 0.00% 51.38
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 29 10.93 7.96 0.00% 54.97
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 重症度等片眼 26 14.54 8.51 0.00% 64.12
020320xx99xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術なし 17 6.65 8.46 0.00% 58.18
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 15 10.6 7.31 0.00% 67.73
【解説】
白内障をはじめとして、網膜剥離、糖尿病性網膜症に対する硝子体手術など、眼科疾患全般に幅広く対応しています。当科で最も多い症例は、白内障ですがDPC対象症例ではない(短期滞在手術等基本料3に該当)ため、上記の表には含まれません。また、救命救急センターを併設しているため外傷などの救急疾患も多く受け入れております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 109 10.71 9.18 0.00% 55.17 突発性難聴
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 69 4.64 5.15 0.00% 64.13
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 65 6.17 5.48 0.00% 43.54
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 30 8.17 7.23 0.00% 55.87
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 29 7.79 8.01 0.00% 20.41
【解説】
最も多い症例の突発性難聴は、副腎皮質ホルモンの投与を中心に血管拡張剤などの点滴と、高気圧酸素療法などを組み合わせて治療を行います。点滴自体は10日間なので全国平均と変わりありませんが、当院の平均在院日数が全国よりも長いのは、当院は高気圧酸素治療室を有しており、遠方からの紹介患者さんが多く、毎日の通院が困難にて入院のまま継続していただいているのが要因と考えられます。駿河区・葵区の患者さんはほぼ10日間の入院です。
2番目に多い症例は、耳性めまいやメニエール病が含まれます。
3番目に多い症例は、扁桃周囲膿瘍や急性化膿性扁桃炎などで抗生剤などの点滴による治療を行った症例が該当します。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 75 20.75 16.38 36.00% 69.99
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 32 25.88 20.83 18.75% 82.72
010060x2990501 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 重症度等発症前Rankin Scale 0、1又は2 20 23.9 18.76 40.00% 70.8
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり 重症度等発症前Rankin Scale 0、1又は2 18 18 18.34 27.78% 75.67
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし 17 22.59 19.01 17.65% 79.35
【解説】
当科で多数を占める症例は脳梗塞です。エダラボン(脳保護剤)投与による治療の症例が多数となります。前提条件はありますが、血栓溶解療法(t-PA治療)を行う症例も数多く見られます。急性期を脱した後、後遺障害のリハビリ目的のために転院する割合が高くなっております。
2番目に多い誤嚥性肺炎は、脳梗塞後遺症やパーキンソン病などを併存し嚥下機能障害がみられる患者さんに発生しやすい病気です。平均年齢も高く、症状が安定した後も転院し治療継続される患者さんが多いのも特徴です。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 39 13.59 11.73 2.56% 65.97  
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 35 7.37 8.95 0.00% 67.14 帯状疱疹
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 10 10.1 8.5 0.00% 75.9  
080190xxxxxxxx 脱毛症 10 3.1 3.6 0.00% 39.8  
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2なし 4.01  
【解説】
最も多い急性膿皮症は細菌感染で起こる蜂巣炎や丹毒です。外来治療では十分な治療を行えない重症患者さんの入院治療を行っております。
次いで多い症例の帯状疱疹は痛みを伴う紅斑や水疱を症状とする疾患で、抗ウイルス薬による治療を行います。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 81 6.26 7.31 1.23% 73.33 経尿道的膀胱腫瘍切除術
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 68 11.88 12.34 2.94% 68.47  
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 58 4.67 5.75 0.00% 60.21 経尿道的尿管結石砕石術
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 副傷病なし 51 1 2.73 0.00% 55.43 ESWL日帰りESWL1泊
110310xx01xx0x 腎臓または尿路の感染症 経皮的腎(腎盂)瘻造設術等 副傷病なし 36 12.78 14.59 2.78% 67.56
【解説】
最も多い症例は、膀胱癌に対し経尿道的膀胱腫瘍切除を行った症例です。このほか、膀胱全摘手術や全摘後の尿路変向法など、年齢やがんの状態を考慮し選択しております。
3、4番目に多い症例は、尿管結石や腎結石となっており、内視鏡での結石破砕(TUL)、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を行う症例です。結石の再発予防のための食事療法指導や運動指導も行っております。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 76 27.49 20.83 34.21% 84.24
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 43 26.47 19.65 6.98% 77.47
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 41 4.07 3.59 0.00% 70.88
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 38 11.05 11.99 2.63% 70.74
040150xx99x0xx 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術なし 手術・処置等2なし 18 30.61 23.68 38.89% 73.11
【解説】
最も多い症例は肺炎、特に高齢の患者さんにみられる誤嚥性肺炎です。様々な基礎疾患を有する患者さんが多いです。2番目に多い症例は間質性肺炎で、特発性間質性肺炎、膠原病肺、過敏性肺臓炎などの診療を行っております。3、4番目に多いのは肺の悪性腫瘍です。手術適応がある場合には他院と連携して治療を行います。化学療法・放射線療法・免疫療法については、当院で実施しております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 180 2.58 3.03 0.00% 69.44 冠動脈造影検査(CAG)橈骨
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 134 6.72 4.62 0.00% 71.24 冠動脈治療(PCI)橈骨
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 65 21.11 17.71 6.15% 81.26
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 39 17.36 12.72 2.56% 65.23
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 34 18.91 20.83 20.59% 83.44
【解説】
最も多い症例は、狭心症などに対する心臓カテーテル検査のための入院で、当科全症例の3割以上を占めます。この検査の結果、心臓カテーテル治療が必要となった症例が2番目に多い症例に該当します。
虚血性心疾患の症例が多くなっており、緊急手術にも対応しております。
不整脈科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 75 4.63 5.3 0.00% 56.89 経皮的心筋焼灼術(アブレーション)
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 44 8.61 11.21 0.00% 72.07 ペースメーカー・ICD新規植え込み手術
050070xx01x10x 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2あり 副傷病なし 29 5.03 8.4 0.00% 61.93
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 14.86 17.71 4.76% 75.24
050130xx9901xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 11 20.64 19.53 9.09% 81.91
【解説】
最も多い症例は、心室期外収縮や心房細動などの頻脈性不整脈に対して経皮的カテーテル心筋焼灼術(アブレーション)を行った症例です。また、心室性不整脈を有する方では突然死のリスクがあるため、必要に応じて植え込み型除細動器(ICD)の移植も行っております。
次いで多い徐脈性不整脈は、房室ブロックや洞不全症候群などに対しペースメーカー移植術などを行った症例です。インターネット回線を通じて、自宅にいる患者さんの情報を見ることができるホームモニタリングシステムも順次導入しており、異常を早期に発見することができ、将来的には患者さんの通院負担軽減に役立つと期待されています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 48 33.06 20.83 31.25% 84.25
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 38 15.66 12.23 5.26% 63.03
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 32 4.31 8.5 0.00% 71.84
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 29 5.79 7.35 0.00% 48.34
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 28 14.5 14.55 0.00% 73.43
【解説】
検尿異常、腎機能低下のため健診やかかりつけ医から紹介され、精査のため腎生検を行い、治療をする患者さんが徐々に増加しています。バスキュラーアクセス関連の手術(血液透析導入時の内シャント増設、維持透析患者のシャント血管拡張術、シャント血栓除去術)が増加傾向にあり、他院からの手術依頼も増加傾向にあります。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等24あり 15 33.73 10.6 0.00% 71.4
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 10 31.6 16.48 0.00% 68.3
130060xx99x0xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等2なし 12.26
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 重症度等A-DROP スコア1 13.51
130110x0xxx00x 出血性疾患(その他)(16歳以上) 手術・処置等2なし 副傷病なし 17.05
【解説】
疾患別症例数では、非ホジキンリンパ腫(32例)、多発性骨髄腫(25例)、骨髄異形成症候群(25例)の順に多いのですが、同じ疾患でも治療が異なるためDPCコードが異なり、患者数が分散したため、このような順位となっております。
特殊な薬剤を使用しなければならない症例などは、DPC対象外となってしまい、上記表には含まれませんが、当科では様々な血液疾患を診療しております。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 70 10.1 10.61 0.00% 74.21
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 57 25.07 20.83 17.54% 84.79
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 39 7.97 7.87 5.13% 73.05
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 11.03 7.39 6.45% 69.32
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 29 9.45 10.71 0.00% 73.24
【解説】
最も多い症例は、総胆管結石性胆管炎や急性胆管炎などで内視鏡による治療を行ったものとなります。
消化管の緊急症例、及び緊急の内視鏡検査も数多く対応しております。
緩和診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14.6
060010xx99x0xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 11.71
090010xx99x01x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 14.62
12002xxx99x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 9.46
090010xx99x00x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 9.58
【解説】
ガンと向き合う患者さんの苦痛を和らげ、その人らしく暮らしていけるようサポートする医療を提供しております。悪性腫瘍に対する緩和目的の診療を行っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 14 - - 21 17 - 1 7
大腸癌 11 29 21 25 13 22 1 7
乳癌 32 22 - - - 24 1 7
肺癌 - - 24 57 16 42 1 7
肝癌 - - - 13 - 25 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【解説】
5大癌とは、日本で発症症例が多いとされる5つの癌(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)の事をいいます。UICC(国際対がん連合)が定めた腫瘍の病期分類があり、T(原発巣の大きさと浸潤度)、N(所属リンパ節への転移状況)、M(遠隔転移の有無)を評価し、これらの要素によってがんを病期Stage0~StageⅣに分類しています。
外科では胃癌、大腸癌、乳癌の患者さんが多く、消化器内科では肝癌の患者さんを多く診療しています。
肺癌に関しては、平成28年度より呼吸器内科の常勤医師が着任いたしましたので前年度よりかなり症例数が増加しました。
肝癌の再発症例が多いのは、肝動脈塞栓術などを目的とする患者さんが繰り返し入院されることが要因と考えられます。
当院は、健康管理センターを併設しており早期発見・早期治療を目指しております。
癌が見つかってからも、手術や化学療法、放射線療法、緩和治療など、個々の患者さんに合わせた治療を目指しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 38 12.03 57.5
中等症 165 18.42 79.27
重症 44 22.55 83.25
超重症 14 21.86 83.71
不明
【解説】
当院の成人市中肺炎の患者さんは、中等症から重症にかけて割合が高い傾向です。平均年齢も高く、A-DROPスコアの年齢の評価項目に該当しているためと考えられます。また、重症度に比例して平均在院日数も長くなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
I63$ 脳梗塞 3日以内 219 27.32 74.24 38.36%
その他 - - - -
【解説】
脳梗塞の中でも、特に発症日から3日以内の急性期脳梗塞が集計全体の8割以上を占めています。平均年齢が75歳と後期高齢者の方が多くなっています。
急性期を脱し症状が落ち着くと4割程度の患者さんがリハビリ専門病院などへ転院します。また、5割程度の患者さんは、そのまま自宅へ退院されています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

小児科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K913 1 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 176 0.26 19.7 2.84% 0.00
K715 1 腸重積症整復術 非観血的なもの - - - - -
K913 2 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの - - - - -
K300 鼓膜切開術 - - - - -
    - - - - -
【解説】
当院は地域周産期母子医療センターの指定を受けております。NICUでの新生児医療分野では、極小未熟児から成熟児を中心とした新生児急性疾患を多数受け入れているため、新生児に関する手術が多くなっております。
外科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 65 1.83 4.53 0.00% 61.37 腹腔鏡下胆のう摘出術
K633 5 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 53 0.74 2.53 0.00% 69.3 鼠径ヘルニア2泊鼠径ヘルニア3泊
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 51 1.27 3.1 0.00% 64.88
K718-2 1 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 34 0.47 3.44 0.00% 38.76
K718-2 2 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの 30 0.33 6.73 0.00% 53  
【解説】
鼠径ヘルニア手術は患者さんの年齢・全身状態・ご希望などを考慮し、鼠径部切開による従来法か腹腔鏡下手術かを選択しています。虫垂切除術は全例、胆嚢摘出術は一部の腫瘍を疑う症例を除いて全例を腹腔鏡下に施行しています。大腸癌(結腸癌・直腸癌)の手術例も多く、安全性・根治性を考慮して積極的に腹腔鏡下手術を行っています。この他に乳癌、胃癌といった症例の多い癌もガイドラインに沿って手術を行っています。
腹腔鏡下手術は患者さんの体への負担に配慮した低侵襲手術であり、当科では安全性に十分配慮したうえで施行しています。
整形外科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K046 1 骨折観血的手術 肩甲骨,上腕,大腿 162 1.7 19.56 58.02% 76.95 大腿骨頸部骨折手術
K081 1 人工骨頭挿入術 股 91 2.85 20.19 73.63% 80.75 大腿骨頸部骨折手術
K046 2 骨折観血的手術 前腕,下腿,手舟状骨 88 1.18 14.4 9.09% 56.99 橈骨遠位端骨折手術
K048 3 骨内異物(挿入物を含む)除去術 前腕,下腿 59 1.22 1.92 0.00% 52.1  
K082 1 人工関節置換術 膝 44 2.52 24.52 6.82% 69.61  
【解説】
1、2位の術式に対する症例の多くは大腿骨骨折です。高齢者の骨折が増加している現在、手術が必要と考えられたら、全身状態がよければ可能な限り早く手術を行い、早期リハビリ、早期社会復帰を目指しています。
当科では地域連携病院と治療計画を共有することで、術後、リハビリ病院等へ転院する患者さんが多くいらっしゃいます。
形成外科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) - - - - -  
K427 頬骨骨折観血的整復術 - - - - -
K084 1 四肢切断術 大腿 - - - - -
K219 1 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 - - - - -
K030 1 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 下腿 - - - - - 皮膚軟部腫瘍摘出術
【解説】
1位は乳がん術後の乳房再建術です。がん患者さんのトータルケアに注力しています。
脳神経外科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 44 1.61 17.18 6.82% 74.48
K177 1 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 19 1.68 32.42 42.11% 62.16
K174 2 水頭症手術 シャント手術 16 8.19 31.5 43.75% 70.63
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 11 6.73 43.18 0.00% 59.64
K609 2 動脈血栓内膜摘出術 内頸動脈 10 9.4 9.8 0.00% 72.3
【解説】
救命救急センターを併設しておりますので、救急疾患の割合が多く、頭部外傷と脳血管障害で入院される患者さんが多くを占めています。そのため、それら疾患に対する手術数が多くなっています。
当科では早期より神経内視鏡手術を導入し、特発性正常圧水頭症に対しLPシャント(腰椎-腹腔短絡術)を積極的に選択しています。
胸部・心臓血管外科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K561 2 ステントグラフト内挿術 腹部大動脈 20 3.7 8.05 0.00% 76.7
K614 7 血管移植術,バイパス移植術 その他の動脈 18 6.06 9.78 5.56% 74.39
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 16 2.0 3.25 0.00% 74.69
K552 2 冠動脈、大動脈バイパス移植術 2吻合以上のもの 11 14.55 21.45 9.09% 69
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 - - - - -
【解説】
当科では「下肢静脈瘤・血管治療センター」を開設し、下肢静脈瘤および末梢動脈を含めた血管疾患全般の診療を積極的に行っています。手術数もそれら該当疾患に対するものが上位となっております。
2位の下肢静脈瘤の手術に関しまして、新しいレーザー治療装置と高周波治療装置を使用し、合併症が少なく、疼痛や皮下出血といった症状も格段に少なくなりました。95%以上の患者さんが外来での日帰り手術となり、この統計には表れてきません。入院の場合でも、入院期間は一泊二日です
産婦人科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K898 2 帝王切開術 選択帝王切開 125 6.82 7.07 0.00% 34.09 帝王切開術
K898 1 帝王切開術 緊急帝王切開 82 2.29 7.2 1.22% 32.38 帝王切開術
K909 1 流産手術 40 0.00 1.0 0.00% 33.92  
K877 子宮全摘術 38 1.34 8.29 0.00% 49.42 腹式単純子宮全摘術
K888 1 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 開腹によるもの 30 1.73 9.77 0.00% 51.63  
【解説】
当院は地域周産期母子医療センターの指定を受けています。ハイリスク妊娠・分娩の管理入院、緊急母体搬送など可能な限り対応していますので、予定・緊急共に帝王切開術の術数が多くなっています。
眼科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K282 1 ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 489 0.03 1.92 0.20% 73.76 白内障
K280 1 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 69 0.93 11.16 0.00% 58.54  
K280 2 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他のもの 28 1.11 8.25 3.57% 62.96  
K282 1 イ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 縫着レンズを挿入するもの 12 0.17 3.75 0.00% 71.58  
K268 4 緑内障手術 緑内障治療用インプラント挿入術(プレートのないもの) 11 0.64 13.45 0.00% 69.27  
【解説】
1位は白内障に対する手術です。短期滞在手術等基本料3に該当する手術であり、入院期間を短くすることによって、患者さんの入院の負担を軽減できるよう努めております。
次いで網膜剥離、糖尿病性網膜症などに対して施行される手術となっております。
耳鼻咽喉科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K377 2 口蓋扁桃手術 摘出 36 1.0 5.97 0.00% 23.5 扁桃摘出術
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 19 1.0 6.0 0.00% 54.84 慢性副鼻腔炎手術(火曜手術)慢性副鼻腔炎手術(木曜手術)
K393 2 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの 17 1.0 1.47 0.00% 64.53 喉頭顕微鏡下手術(2泊)喉頭顕微鏡下手術(6泊)
K333 鼻骨骨折整復固定術 13 1.15 1.54 0.00% 24.92
K461 1 甲状腺部分切除術,甲状腺腫摘出術 片葉のみの場合 12 1.0 5.5 0.00% 46.92
【解説】
1位は扁桃炎を繰り返す方、もしくは手術にて睡眠時無呼吸の大幅な改善が見込める方に行う手術です。
次いで慢性副鼻腔炎に対する手術です。原則的にまずは薬物治療を2~3ヶ月行い、効果が得られない場合は入院していただき鼻内内視鏡を用いて手術を行います。
3位は声帯ポリープ・喉頭腫瘍等を直達喉頭鏡を用いて切除する手術となっております。
泌尿器科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 103 0.0 0.5 0.00% 54.94 ESWL日帰りESWL1泊
K781 1 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 73 0.79 4.33 1.37% 60.77 経尿道的尿管結石砕石術
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 63 1.27 9.76 1.59% 67.17
K803 6 ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 58 1.52 5.14 3.45% 70.53 経尿道的膀胱腫瘍切除術
K865-2 腹腔鏡下仙骨腟固定術 27 1.0 3.89 0.00% 64.0
【解説】
1位は尿路結石症に対する手術です。体への負担が少なく、日帰り入院可能な手術となり患者さんの負担が軽減されます。体外衝撃波結石破砕術で結石が破砕困難であれば、2位の術式である内視鏡での破砕を行います。
次いで膀胱がんに対する手術となっております。病期・状態に応じて手術、放射線、化学療法を選択します。
また、当院は女性泌尿器科を有しておりますので、子宮脱、及び骨盤臓器脱に対する手術が増加しております。
循環器内科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K549 3 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 117 4.38 4.02 0.85% 71.79 冠動脈治療(PCI)橈骨
K549 2 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 31 0.16 13.65 3.23% 63.55
K549 1 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 28 0.07 19.71 3.57% 71.07
K546 3 経皮的冠動脈形成術 その他のもの 22 2.73 2.91 0.00% 70.95
K597 2 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 - - - - -
【解説】
虚血性心疾患に対する心臓カテーテル治療の手術が上位を占めました。
一刻を争う緊急治療も数多く対応しています。
不整脈科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K595 1 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 79 1.0 2.82 0.00% 59.48 経皮的心筋焼灼術(アブレーション)AF
K597 2 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 35 2.83 10.63 0.00% 76.66 ペースメーカー・ICD新規植え込み術
K595 2 経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの 27 2.11 2.52 0.00% 55.04 経皮的心筋焼灼術(アブレーション)PSVT
K597-2 ペースメーカー交換術 13 1.15 2.08 0.00% 73.08
K599 1 植込型除細動器移植術 経静脈リードを用いるもの - - - - -
【解説】
1、3位は頻脈性不整脈に対する手術です。カテーテルアブレーションと呼ばれます。この手術のような最新の侵襲的治療と薬物療法を中心とした非侵襲的治療をうまく組み合わせながら患者さんにとってよりよい方向に進むような治療を行っていきます。
2、4位は徐脈性不整脈に対する手術です。ペースメーカーを移植された患者さんの情報をインターネット回線を通じてみることができるホームモニタリングシステムも順次導入しております。
腎臓内科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 115 0.83 2.29 20.87% 70.72
K610-3 内シャント設置術 61 8.48 15.95 8.20% 71.23 シャント造設術1泊シャント造設術2泊
K614 7 血管移植術,バイパス移植術 その他の動脈 - - - - -
K607-3 上腕動脈表在化法 - - - - -
K721 1 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2cm未満 - - - - -
【解説】
バスキュラーアクセス関連の手術件数は増加傾向にあります。自己血管だけでなく、人工血管を用いたバスキュラーアクセス作成も行っています。腹膜透析のためのカテーテル挿入術も今年度から当科で行うようになりました。
消化器内科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 43 1.6 10.49 4.65% 73.49
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 37 3.49 24.32 5.41% 75.16
K687 2 内視鏡的乳頭切開術 胆道砕石術を伴うもの 31 0.81 12.97 3.23% 75.10
K687 1 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 29 1.55 7.59 0.00% 74.07
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 27 3.33 6.0 0.00% 72.22
【解説】
当科は内視鏡的治療を積極的に施行しております。
高齢者の患者さんが増加しており、より低侵襲の検査・治療、入院期間の短縮を心がけております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 55 0.51%
異なる 48 0.44%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 170 1.57%
異なる - -
【解説】
播種性血管内凝固症候群(DIC)や敗血症はDPCにて高額な点数が設定されており、臨床的に根拠のある診断でなければアップコーディング(不適切な高額点数の請求)を疑われかねない病名とされ、DPC/PDPS傷病名コーディングテキスト(厚生労働省保険局医療課発行)でも明記されております。
厚生労働省による平成27年度DPC対象病院データ集計では、全症例に対する各疾患の割合は、播種性血管内凝固症候群0.17%、敗血症0.58%、その他真菌症0.04%、手術・処置などの合併症0.72%と公開されております。
全国値と比べ当院は、敗血症は同等、播種性血管内凝固症候群とその他真菌症は低く、手術・処置等の合併症は高い結果となりました。この手術・処置等の合併症に該当した症例の6割が、透析シャント狭窄や閉塞の患者さんです。透析センターを有し血液透析に必要なバスキュラーアクセス(シャント)関連の診療も多く行っている当院ではどうしても多くなってしまう症例です。入院契機と「異なる」場合の症例は少ないので、当初の目的のための手術や処置を行ったあと発生した合併症は少ないと考えられます。
手術や処置などは、合併症を起こさないよう細心の注意を払って診療・治療を行っております。臨床上ゼロにするのは難しいことですが、より確率が低くなるよう最善を尽くしてまいります。

平成28年度 静岡済生会総合病院 病院指標

【対象データ】

平成28年度(平成28年4月1日~平成29年3月31日)中に当院を退院した患者さんのデータを集計対象としています。
ただし、健康保険(公費、生活保護を含む)を使用した患者さんを対象とし、自動車賠償責任保険や労災保険、自費等の患者さんは含まれません。

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢
区分
0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 902 239 374 614 787 949 1749 2138 2038 590
【解説】
当院は、静岡市駿河区唯一の公的医療機関であり、地域医療支援病院として幅広い年齢層の患者さんを診察しております。
特に小児の患者さんは、静岡医療圏において小児専門病院に次ぐ患者数となっております。
また、60歳以上の患者さんが病院全体の6割を超えており、症状が比較的重症になりやすい高齢者の入院が多くなる傾向にあります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
内分泌代謝科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 40 11.28 14.61 0.00% 65.43 糖尿病教育入院
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 16.09 13.78 0.00% 59.18
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 10 14.30 14.91 0.00% 68.10  
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 11.48  
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 16.31  
【解説】
糖尿病治療をこれから始める方、糖尿病コントロールの悪い方、進行した糖尿病合併症のある方に必要な糖尿病教育入院の患者さんが多くいらっしゃいます。当院には糖尿病専門スタッフ(糖尿病認定看護師、糖尿病療養指導士、看護師、薬剤師、栄養士)が複数おり、日常生活の指導、自己血糖測定指導、インスリン自己注射指導、服薬指導などを行っております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 78 5.38 6.02 0.00% 1.17 小児肺炎・急性気管支炎
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 73 6.44 6.18 0.00% 0.00
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 53 3.91 5.50 0.00% 4.70
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 52 5.56 5.79 0.00% 3.48  
140010x197x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術あり 手術・処置等2なし 51 10.47 8.28 1.96% 0.00  
【解説】
当科では、気管支炎や肺炎といった小児呼吸器疾患の症例が多くなっております。 2番目に多い症例は、羊水大量吸引症候群や新生児黄疸などの新生児疾患ですが、DPCコードは出生体重によって細分化されているため患者数が分散されております。出生体重による細分化を除外すると、当科で最も多い疾患となります。当院は、地域周産期母子医療センターに指定されており、新生児の受け入れが多くなっております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 63 7.21 9.08 1.59% 69.62
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 37 7.84 7.89 0.00% 47.49
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 29 4.76 5.6 0.00% 35.69
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 7.00 7.61 0.00% 63.37
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 24 10.71 9.91 0.00% 53.25
【解説】
当院では救急医療に力を注いでいることもあり、当科ではイレウス(腸閉塞)、大腸憩室炎、虫垂炎、胆嚢炎などの腹部救急疾患の入院症例が上位を占めています。イレウスは点滴や経鼻チューブなどで保存的に治癒することも多い疾患ですが、手術が必要となった場合は可能な限り腹腔鏡下手術を行い良好な成績を得ています。憩室炎はほとんどが抗生剤投与などの保存的治療で治癒します。虫垂炎はDPC分類の影響で症例が分散していますが、トータルではイレウスに次ぐ症例数です。虫垂炎、胆嚢炎については手術適応があれば、ほぼ全例腹腔鏡下手術を行っています。この他に虫垂炎同様DPC分類の影響で上位に入ってきませんが、大腸癌、乳癌の症例も多数入院加療しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 190 20.29 27.63 66.84% 83.37 大腿骨頸部骨折手術
160760xx97xx0x 前腕の骨折
手術あり 副傷病なし
79 3.58 5.49 0.00% 53.99 橈骨遠位端骨折手術
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 60 22.80 20.57 48.33% 76.93
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等21あり 57 4.28 3.07 1.75% 70.75 ミエログラフィー
160780xx97xx0x 手関節周辺骨折脱臼 手術あり 副傷病なし 51 3.84 4.37 0.00% 70.75
【解説】
最も多い症例は、大腿骨骨折で骨折手術や人工骨頭挿入手術などを行っている症例です。高齢化に伴い骨粗鬆症などで転倒により生じやすい病気です。地域連携病院と治療計画を共有(地域連携パス)することで、リハビリ病院などへ転院する患者さんが多くいらっしゃいます。外傷患者、救急患者の受け入れが多くなっています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 15 4.33 5.80 0.00% 26.87 鼻骨骨折手術
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 13 11.15 11.97 15.38 81.92
080011xx970xxx 急性膿皮症 手術あり 手術・処置等1なし 10 17.10 18.22 0.00 60.90
080250xx971xxx 褥瘡潰瘍 手術あり 手術・処置等1あり 61.48
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 5.94
【解説】
当科で最も多い症例は、顔面損傷で鼻骨や頬骨・下顎骨など顔面の骨折が該当します。
治療は手術による観血的整復術と、傷を作らない徒手整復術があり、平均在院日数も短く早期に退院している患者さんが多くなっております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 53 9.53 7.52 1.89% 56.40
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 47 24.55 19.35 40.43% 66.77
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 42 11.93 9.87 7.14% 67.69
160100xx99x01x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 18 23.94 22.08 5.56% 80.17
010040x199x01x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 13 70.00 33.91 69.23% 75.31
【解説】
1番目に多い症例は、脳振盪や外傷性くも膜下出血や急性硬膜下血腫でも手術に至らなかった症例が該当します。次いで多い症例は、非外傷性の脳出血で脳の視床や被殻といったところからの出血が多くみられます。出血量が多い場合には手術(脳内血栓除去術)を選択することもあります。急性期を脱し状態が落ち着くと、リハビリ目的に転院する割合が高くなっています。次いで、外傷性慢性硬膜下血腫や外傷性脳内血腫、外傷性くも膜下出血などとなっています。
胸部・心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 23 2.70 3.34 0.00% 62.52 下肢静脈瘤抜去術
050170xx02000x 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 13.50 17.39 0.00% 68.21  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 12.27 17.95 0.00% 80.64  
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 24.7  
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 10.09  
【解説】
最も多い症例は、下肢静脈瘤に対し血管内焼灼術(レーザーや高周波焼灼術)や静脈抜去術を行った症例が該当します。患者さんの症状や状態に合わせ、ほとんどは外来での日帰り手術で行っており、年間約350例あります。(入院ではありませんので、上記統計には表れません。)
次に多い症例は、下肢閉塞性動脈硬化症に対し血栓除去や血管移植、バイパス移植を行った症例が該当します。動脈硬化症・下肢の虚血については、軽症から重症まで、外来通院から入院まで、内服・運動治療からカテーテル治療・手術・点滴治療まで、と全般にわたっての診断・治療を進めております。
4番目に多い症例は、大動脈弁や僧帽弁の狭窄症・閉鎖不全症に対し弁置換術などを行った症例が該当します。人工心肺を使用する大がかりな手術のため、平均在院日数も比較的長い疾患になります。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 126 9.21 9.88 0.00% 33.87 帝王切開術
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 42 8.93 9.77 0.00% 33.45
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 36 10.72 10.05 0.00% 45.03
120170xx01x0xx 早産、切迫早産 子宮破裂手術等 手術・処置等2なし 32 31.25 32.16 0.00% 33.50
120140xxxxxxxx 流産 29 2.55 2.43 0.00% 33.79
【解説】
最も多い症例は、既往術後妊娠や骨盤位などにより帝王切開が必要となった症例が該当します。当院ではパスを使用しており8泊9日で退院される患者さんが多いです。
当院は地域周産期母子医療センターに指定されており、周産期に関する患者を多く受け入れています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 26 15.12 10.53 0.00% 55.58
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 21 14.24 8.27 0.00% 57.48
020370xx99xxxx 視神経の疾患 手術なし 17 3.76 11.09 0.00% 58.71
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 16 15.69 9.15 0.00% 72.13
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 16 13.31 7.01 0.00% 67.44
【解説】
白内障をはじめとして、網膜剥離、糖尿病性網膜症に対する硝子体手術など、眼科疾患全般に幅広く対応しています。当科で最も多い症例は、白内障ですがDPC対象症例ではない(短期滞在手術等基本料3に該当)ため、上記の表には含まれません。また、救命救急センターを併設しているため外傷などの救急疾患も多く受け入れております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 98 12.59 9.37 0.00% 58.19 突発性難聴
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 78 6.12 5.50 0.00% 39.63
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 65 5.65 5.24 0.00% 64.28
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 41 9.12 8.12 0.00% 20.32
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 29 8.34 7.47 0.00% 54.38
【解説】
最も多い症例の突発性難聴は、副腎皮質ホルモンの投与を中心に血管拡張剤などの点滴と、高気圧酸素療法などを組み合わせて治療を行います。点滴自体は10日間なので全国平均と変わりありませんが、当院の平均在院日数が全国よりも長いのは、当院は高気圧酸素治療室を有しており、遠方からの紹介患者さんが多く、毎日の通院が困難にて入院のまま継続していただいているのが要因と考えられます。駿河区・葵区の患者さんはほぼ10日間の入院です。
2番目に多い症例は、扁桃周囲膿瘍や急性化膿性扁桃炎などで抗生剤などの点滴による治療を行った症例が該当します。3番目に多い症例は、耳性めまいやメニエール病が含まれます。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 80 19.91 16.54 21.25% 69.03
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 22.84 21.25 19.35% 85.00
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 19 17.68 18.76 10.53% 74.21
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 15 8.13 6.38 0.00% 74.60
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 12.79 7.12 7.14% 58.79
【解説】
1番目と3番目の症例は脳梗塞です。エダラボン(脳保護剤)投与による治療の症例が多数となります。副傷病の有無で分かれています。急性期を脱した後、後遺障害のリハビリ目的のために転院する割合が高くなっております。
2番目に多い誤嚥性肺炎は、脳梗塞後遺症やパーキンソン病などを併存し嚥下機能障害がみられる患者さんに発生しやすい病気です。平均年齢も高く、症状が安定した後も転院し治療継続される患者さんが多いのも特徴です。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 54 8.20 8.96 0.00% 66.00 帯状疱疹
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 47 12.19 11.97 2.13% 62.81  
080080xxxxxxxx 痒疹、蕁麻疹 6.58  
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 手術・処置等1なし 11.28  
050170xx99001x 閉塞性動脈疾患 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 18.12  
【解説】
最も多い症例の帯状疱疹は痛みを伴う紅斑や水疱を症状とする疾患で、抗ウイルス薬による治療を行います。
次いで多い急性膿皮症は細菌感染で起こる蜂巣炎や丹毒です。外来治療では十分な治療を行えない重症患者さんの入院治療を行っております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 81 7.16 7.44 0.00% 74.79 経皮的膀胱腫瘍切除術
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 64 5.70 5.83 3.13% 61.69 経尿道的尿管結石採石術
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 副傷病なし 61 1.02 2.82 0.00% 54.79 ESWL日帰りESWL1泊
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 45 9.56 12.43 2.22% 76.64
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 副傷病なし 28 10.96 7.08 7.14% 74.18
【解説】
最も多い症例は、膀胱癌に対し経尿道的膀胱腫瘍切除を行った症例です。このほか、膀胱全摘手術や全摘後の尿路変向法など、年齢やがんの状態を考慮し選択しております。
次いで尿管結石や腎結石となっており、内視鏡での結石破砕(TUL)、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を行う症例です。結石の再発予防のための食事療法指導や運動指導も行っております。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 18.89 21.25 24.32% 85.41
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 26 26.50 19.92 7.69% 72.35
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 24 4.33 3.68 0.00% 68.29
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 18.37 13.85 5.26% 79.68
040150xx99x0xx 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術なし 手術・処置等2なし 15 23.13 23.87 13.33% 67.40
【解説】
最も多い症例は肺炎、特に高齢の患者さんにみられる誤嚥性肺炎です。様々な基礎疾患を有する患者さんが多くいです。2番目に多い症例は間質性肺炎で,特発性間質性肺炎,膠原病肺,過敏性肺臓炎などの診療を行っております。3番目に多いのは肺の悪性腫瘍です。手術適応がある場合には他院と連携して治療を行います。化学療法・放射線療法・免疫療法については,当院で実施しております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 210 2.63 3.06 0.00% 68.11 冠動脈造影検査(CAG)橈骨
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 96 5.42 4.71 1.04% 72.91 冠動脈治療(PCI)橈骨
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 77 20.36 17.95 6.49% 80.51
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 16.91 13.02 0.00% 69.02
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 43 20.33 21.25 16.28% 85.40
【解説】
も多い症例は、狭心症などに対する心臓カテーテル検査のための入院で、当科全症例の3割以上を占めます。この検査の結果、心臓カテーテル治療が必要となった症例が2番目に多い症例に該当します。
虚血性心疾患の症例が多くなっており、緊急手術にも対応しております。
不整脈科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 106 5.17 5.51 0.00% 59.31 経皮的心筋焼灼術(アブレーション)
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 50 9.36 11.38 2.00% 72.72 ペースメーカー・ICD新規植え込み手術
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 17.71 17.95 4.76% 75.86
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 4.64 7.92 0.00% 70.36
050130xx97000x 心不全 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 24.62
【解説】
最も多い症例は、心室期外収縮や心房細動などの頻脈性不整脈に対して経皮的カテーテル心筋焼灼術(アブレーション)を行った症例です。また、心室性不整脈を有する方では突然死のリスクがあるため、必要に応じて植え込み型除細動器(ICD)の移植も行っております。
次いで多い徐脈性不整脈は、房室ブロックや洞不全症候群などに対しペースメーカー移植術などを行った症例です。インターネット回線を通じて、自宅にいる患者さんの情報を見ることができるホームモニタリングシステムも順次導入しており、異常を早期に発見することができ、将来的には患者さんの通院負担軽減に役立つと期待されています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 44 27.55 21.25 43.18% 87.73
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 33 37.70 37.06 3.03% 65.55
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 29 18.69 12.84 0.00% 66.07
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 6.68 8.87 0.00% 68.61
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 26 7.35 7.58 0.00% 58.81
【解説】
慢性腎不全で透析を行っている患者さんで、透析シャントが狭窄・閉塞し、シャント拡張術・血栓除去を行った症例が多くなっております
当院では、透析センターを有していることから、血液透析に必要なバスキュラーアクセス(シャント)関連の診療も多く行っております。
慢性腎不全などの腎臓疾患は、ほかの病気との関連が多いことも特徴であるため、様々な診療科と連携して治療を行っております。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 41.96
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 16.83
130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等23あり 36.08
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 21.92
130040xx97x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術あり 手術・処置等25あり 43.48
【解説】
疾患別症例数では、非ホジキンリンパ腫(18例)、急性白血病(15例)、骨髄異形成症候群(10例)の順に多いのですが、同じ疾患でも治療が異なるためDPCコードが異なり、患者数が分散したため、このような順位となっております。
特殊な薬剤を使用しなければならない症例などは、DPC対象外となってしまい、上記表には含まれませんが、当科では様々な血液疾患を診療しております。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 83 11.41 11.06 1.20% 71.99
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 47 10.55 7.44 0.00% 68.57
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 22.58 21.25 12.50% 84.68
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 9.03 10.93 0.00% 73.22
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 35 6.29 7.89 2.86% 69.40
【解説】
最も多い症例は、総胆管結石性胆管炎や急性胆管炎などで内視鏡による治療を行ったものとなります。
消化管の緊急症例に多く対応しております。
緩和診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 26.64 21.25 14.29% 84.93
110070xx99x0xx 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 10.42
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14.93
100380xxxxxxxx 体液量減少症 9.33
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 12.43
【解説】
ガンと向き合う患者さんの苦痛を和らげ、その人らしく暮らしていけるようサポートする医療を提供しております。悪性腫瘍に対する緩和目的の診療を行っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 19 - - 20 - - 1 7
大腸癌 14 - - 20 51 32 1 7
乳癌 33 - - - - 10 1 7
肺癌 - - - 33 17 - 1 7
肝癌 - 13 - - - 24 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【解説】
5大癌とは、日本で発症症例が多いとされる5つの癌(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)の事をいいます。UICC(国際対がん連合)が定めた腫瘍の病期分類があり、T(原発巣の大きさと浸潤度)、N(所属リンパ節への転移状況)、M(遠隔転移の有無)を評価し、これらの要素によってがんを病期Stage0~StageⅣに分類しています。
外科では胃癌、大腸癌、乳癌の患者さんが多く、消化器内科では肝癌の患者さんを多く診療しています。
肺癌に関しては、平成28年度より呼吸器内科の常勤医師が着任いたしましたので前年度よりかなり症例数が増加しました。
肝癌の再発症例が多いのは、肝動脈塞栓術などを目的とする患者さんが繰り返し入院されることが要因と考えられます。
当院は、健康管理センターを併設しており早期発見・早期治療を目指しております。
癌が見つかってからも、手術や化学療法、放射線療法、緩和治療など、個々の患者さんに合わせた治療を目指しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 25 9.96 50.60
中等症 136 17.78 80.07
重症 61 34.36 84.97
超重症 28 33.14 83.75
不明
【解説】
当院の成人市中肺炎の患者さんは、中等症から重症にかけて割合が高い傾向です。平均年齢も高く、A-DROPスコアの年齢の評価項目に該当しているためと考えられます。また、重症度に比例して平均在院日数も長くなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 17 8.00 74.71 0.00%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 201 25.46 74.41 29.72%
その他 11 36.45 76.09 0.47%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
【解説】
中でもI63$(脳梗塞)に分類される症例の割合が高く、特に発症日から3日以内の急性期脳梗塞が集計全体の8割以上を占めています。平均年齢が75歳と後期高齢者の方が多くなっています。
急性期を脱し症状が落ち着くと3割程度の患者さんがリハビリ専門病院などへ転院します。また、5割程度の患者さんは、そのまま自宅へ退院されています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

小児科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 135 0.00 16.76 4.44% 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの 44 0.00 23.55 4.55% 0.00
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの - - - - -
K2762 網膜光凝固術 その他特殊なもの(一連につき) - - - - -
K653-2 食道・胃内異物除去摘出術(マグネットカテーテルによるもの) - - - - -
【解説】
当院は地域周産期母子医療センターの指定を受けております。NICUでの新生児医療分野では、極小未熟児から成熟児を中心とした新生児急性疾患を多数受け入れているため、新生児に関する手術が多くなっております。
外科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 59 0.92 2.22 0.00% 71.78 鼠径ヘルニア2泊鼠径ヘルニア3泊
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 55 1.42 4.53 0.00% 61.67 冠動脈造影検査(CAG)橈骨
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 30 1.07 3.40 0.00% 58.60
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 30 0.33 3.43 0.00% 35.97
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 29 5.21 18.55 0.00% 70.03 結腸切除術
【解説】
鼠径ヘルニア手術は患者さんの年齢・全身状態・ご希望などを考慮し、鼠径部切開による従来法か腹腔鏡下手術かを選択しています。虫垂切除術は全例、胆嚢摘出術は一部の腫瘍を疑う症例を除いて全例を腹腔鏡下に施行しています。大腸癌(結腸癌・直腸癌)の手術例も多く、安全性・根治性を考慮して積極的に腹腔鏡下手術を行っています。この他に乳癌、胃癌といった症例の多い癌もガイドラインに沿って手術を行っています。
腹腔鏡下手術は患者さんの体への負担に配慮した低侵襲手術であり、当科では安全性に十分配慮したうえで施行しています。
整形外科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨,上腕,大腿 145 1.48 19.48 59.31% 82.01 大腿骨頸部骨折手術
K0462 骨折観血的手 (前腕,下腿,手舟状骨 94 1.63 13.32 5.32% 54.60 橈骨遠位端骨折手術
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術 前腕,下腿 67 0.97 1.24 0.00% 48.39
K0811 人工骨頭挿入術 股 67 3.00 17.34 68.66% 81.61 大腿骨頸部骨折手術
K0731 関節内骨折観血的手術 肩,股,膝,肘 53 1.68 14.79 30.19% 60.58
【解説】
1、2位の術式に対する症例の多くは大腿骨骨折です。高齢者の骨折が増加している現在、手術が必要と考えられたら、全身状態がよければ可能な限り早く手術を行い、早期リハビリ、早期社会復帰を目指しています。
当科では地域連携病院と治療計画を共有することで、術後、リハビリ病院等へ転院する患者さんが多くいらっしゃいます。
形成外科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 下腿 11 1.00 3.55 0.00% 62.36 皮膚軟部腫瘍摘出術
K427 頬骨骨折観血的整復術 - - - - -
K016 動脈(皮)弁術,筋(皮)弁術 - - - - -
K0021 デブリードマン 100cm2未満 - - - - -
K0064 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径12cm以上) - - - - -
【解説】
1位は良性腫瘍に対する摘出術です。入院期間を短くし、患者さんの入院の負担軽減に努めております。
脳神経外科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 32 3.13 13.47 3.13% 79.03
K1742 水頭症手術 シャント手術 18 10.78 26.11 27.78% 78.00
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 12 0.67 46.08 58.33% 64.33
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの - - - - -
K164-5 内視鏡下脳内血腫除去術 - - - - -
【解説】
救命救急センターを併設しておりますので、救急疾患の割合が多く、頭部外傷と脳血管障害で入院される患者さんが多くを占めています。そのため、それら疾患に対する手術数が多くなっています。
当科では早期より神経内視鏡手術を導入し、特発性正常圧水頭症に対しLPシャント(腰椎-腹腔短絡術)を積極的に選択しています。
胸部・心臓血管外科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6147 血管移植術、バイパス移植術 その他の動脈 19 4.68 10.63 0.00% 71.89
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 16 0.44 1.19 0.00% 62.38
K5612 ステントグラフト内挿術 腹部大動脈 10 1.90 8.30 0.00% 73.10
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 10 2.60 2.00 0.00% 67.90
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) - - - - -
【解説】
当科では「下肢静脈瘤・血管治療センター」を開設し、下肢静脈瘤および末梢動脈を含めた血管疾患全般の診療を積極的に行っています。手術数もそれら該当疾患に対するものが上位となっております。
2位の下肢静脈瘤の手術に関しまして、新しいレーザー治療装置と高周波治療装置を使用し、合併症が少なく、疼痛や皮下出血といった症状も格段に少なくなりました。95%以上の患者さんが外来での日帰り手術となり、この統計には表れてきません。 入院の場合でも、入院期間は一泊二日です
産婦人科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 155 4.99 6.94 0.00% 34.05 帝王切開術
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 79 2.61 7.32 0.00% 33.35 帝王切開術
K877 子宮全摘術 37 1.00 8.41 0.00% 47.78 腹式単純子宮全摘術
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 開腹によるもの 31 1.68 8.61 0.00% 49.13
K867 子宮頸部(腟部)切除術 27 0.89 1.93 0.00% 42.00
【解説】
当院は地域周産期母子医療センターの指定を受けています。ハイリスク妊娠・分娩の管理入院、緊急母体搬送など可能な限り対応していますので、予定・緊急共に帝王切開術の術数が多くなっています。
眼科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 439 0.04 1.92 0.00% 74.36 白内障
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 63 0.90 13.81 0.00% 59.65
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他のもの 42 0.76 11.29 0.00% 65.17
K281 増殖性硝子体網膜症手術 11 1.45 14.00 0.00% 47.00
K224 翼状片手術 弁の移植を要するもの - - - - -
【解説】
1位は白内障に対する手術です。短期滞在手術等基本料3に該当する手術であり、入院期間を短くすることによって、患者さんの入院の負担を軽減できるよう努めております。
次いで網膜剥離、糖尿病性網膜症などに対して施行される手術となっております。
耳鼻咽喉科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 42 1.00 7.10 0.00% 21.38 扁桃摘出術
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 20 1.00 6.20 0.00% 53.65 慢性副鼻腔炎手術
K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの 14 1.29 1.86 0.00% 61.21 喉頭顕微鏡下手術
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術 片葉のみの場合 13 1.08 6.15 0.00% 55.85
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 11 0.55 5.36 0.00% 46.64
【解説】
1位は扁桃炎を繰り返す方、もしくは手術にて睡眠時無呼吸の大幅な改善が見込める方に行う手術です。
次いで慢性副鼻腔炎に対する手術です。原則的にまずは薬物治療を2~3ヶ月行い、効果が得られない場合は入院していただき鼻内内視鏡を用いて手術を行います。
3位は声帯ポリープ・喉頭腫瘍等を直達喉頭鏡を用いて切除する手術となっております。
泌尿器科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 113 0.00 0.39 0.00% 53.80 ESWL日帰りESWL1泊
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 84 2.39 3.99 0.00% 74.88 経皮的膀胱腫瘍切除術
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 49 1.84 13.55 12.24% 73.61
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 41 1.22 3.56 4.88% 60.46 経尿道的尿管結石採石術
K7812 経尿道的尿路結石除去術 その他のもの 24 2.17 2.67 0.00% 64.17
【解説】
1位は尿路結石症に対する手術です。体への負担が少なく、日帰り入院可能な手術となり患者さんの負担が軽減されます。体外衝撃波結石破砕術で結石が破砕困難であれば、4位の術式である内視鏡での破砕を行います。
次いで膀胱がんに対する手術となっております。病期・状態に応じて手術、放射線、化学療法を選択します。
循環器内科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 77 4.39 4.19 2.60% 73.56 冠動脈治療(PCI)橈骨
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 45 0.13 15.42 0.00% 71.64
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 26 0.08 20.08 3.85% 71.81
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの 14 9.57 4.00 0.00% 71.36
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
【解説】
虚血性心疾患に対する心臓カテーテル治療の手術が上位を占めました。
一刻を争う緊急治療も数多く対応しています。
不整脈科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺、心外膜アプローチを伴うもの 67 2.03 3.15 0.00% 60.09 経皮的心筋焼灼術(アブレーション)AF
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの 49 2.59 3.04 0.00% 60.16 経皮的心筋焼灼術(アブレーション)PSVT
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 36 2.64 10.39 5.56% 76.83 ペースメーカー・ICD新規植え込み術
K597-2 ペースメーカー交換術 11 1.00 2.55 9.09% 70.73
K5991 植込型除細動器移植術 経静脈リードを用いるもの - - - - -
【解説】
1、2位は頻脈性不整脈に対する手術です。カテーテルアブレーションと呼ばれます。この手術のような最新の侵襲的治療と薬物療法を中心とした非侵襲的治療をうまく組み合わせながら患者さんにとってよりよい方向に進むような治療を行っていきます。
3位は徐脈性不整脈に対する手術です。ペースメーカーを移植された患者さんの情報をインターネット回線を通じてみることができるホームモニタリングシステムも順次導入しております。
腎臓内科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 86 0.80 4.13 10.47% 70.72
K610-3 内シャント設置術 85 9.94 20.20 7.06% 68.72 シャント造設術1泊シャント造設術2泊
K721 1 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 2cm未満 - - - - -
K607-3 上腕動脈表在化法 - - - - -
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
【解説】
当院では透析センターを有しており、血液透析に必要なバスキュラー・アクセス(シャント)関連の診療が多く見られます。また、他医療機関で透析治療を行っている患者さんのシャントトラブルの紹介も多く見られます。
手術に関してはやはりこの疾患に対するものが上位を占めています。
消化器内科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 51 0.78 8.76 1.96% 72.86
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 46 1.96 18.17 4.35% 73.93
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 40 2.30 7.23 0.00% 69.90
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2cm未満 33 3.45 4.70 0.00% 73.15
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) 選択的動脈化学塞栓術 23 4.65 8.04 0.00% 75.74
【解説】
当科は内視鏡的治療を積極的に施行しております。
高齢者の患者さんが増加しており、より低侵襲の検査・治療、入院期間の短縮を心がけております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 44 0.42%
異なる 26 0.25%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 147 1.42%
異なる - -
【解説】
播種性血管内凝固症候群(DIC)や敗血症はDPCにて高額な点数が設定されており、臨床的に根拠のある診断でなければアップコーディング(不適切な高額点数の請求)を疑われかねない病名とされ、DPC/PDPS傷病名コーディングテキスト(厚生労働省保険局医療課発行)でも明記されております。
厚生労働省による平成27年度DPC対象病院データ集計では、全症例に対する各疾患の割合は、播種性血管内凝固症候群0.17%、敗血症0.58%、その他真菌症0.04%、手術・処置などの合併症0.72%と公開されております。
全国値と比べ当院は、敗血症は同等、播種性血管内凝固症候群とその他真菌症は低く、手術・処置等の合併症は高い結果となりました。この手術・処置等の合併症に該当した症例の6割が、透析シャント狭窄や閉塞の患者さんです。透析センターを有し血液透析に必要なバスキュラーアクセス(シャント)関連の診療も多く行っている当院ではどうしても多くなってしまう症例です。入院契機と「異なる」場合の症例は少ないので、当初の目的のための手術や処置を行ったあと発生した合併症は少ないと考えられます。
手術や処置などは、合併症を起こさないよう細心の注意を払って診療・治療を行っております。臨床上ゼロにするのは難しいことですが、より確率が低くなるよう最善を尽くしてまいります。

平成27年度 静岡済生会総合病院 病院指標

【対象データ】

平成27年度(平成27年4月1日~平成28年3月31日)中に当院を退院した患者さんのデータを集計対象としています。
ただし、健康保険(公費、生活保護を含む)を使用した患者さんを対象とし、自動車賠償責任保険や労災保険、自費等の患者さんは含まれません。

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

定義・用語説明
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 902 239 374 614 787 949 1749 2138 2038 590
【解説】
当院は、静岡市駿河区唯一の公的医療機関であり、地域医療支援病院として幅広い年齢層の患者さんを診察しております。
特に小児の患者さんは、静岡医療圏において小児専門病院に次ぐ患者数となっております。
また、60歳以上の患者さんが病院全体の6割を超えており、症状が比較的重症になりやすい高齢者の入院が多くなる傾向にあります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

定義・用語説明
内分泌代謝科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 69 10.16 15.35 0.00% 62.62 糖尿病教育入院
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 8.91 14.20 0.00% 49.27
100060xxxxxxxx 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) - - 14.30 - -  
【解説】
糖尿病治療をこれから始める方、糖尿病コントロールの悪い方、進行した糖尿病合併症のある方に必要な糖尿病教育入院の患者さんが多くいらっしゃいます。当院には糖尿病専門スタッフ(糖尿病認定看護師、糖尿病療養指導士、看護師、薬剤師、栄養士)が複数おり、日常生活の指導、自己血糖測定指導、インスリン自己注射指導、服薬指導などを行っております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満)手術・処置等2なし 119 5.82 5.72 0.00% 1.71 小児肺炎・急性気管支炎
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 67 6.19 6.17 7.46% 0.00
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 58 6.29 6.31 0.00% 4.45 小児喘息様気管支炎
【解説】
当科では、肺炎や喘息といった小児呼吸器疾患の症例が多くなっています。2番目に多い症例は、羊水大量吸引症候群や新生児黄疸などの新生児疾患ですが、DPCコードは出生体重によって細分化されているため患者数が分散されています。出生体重による細分化を除外すると、当科で最も多い疾患となります。当院は、地域周産期母子医療センターに指定されており、新生児の受け入れはとても多くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 56 7.09 9.17 1.79% 71.55
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 30 16.57 17.41 0.00% 73.87 結腸切除術
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等
腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし
29 6.86 7.84 0.00% 56.14 腹腔鏡下胆のう摘出術
【解説】
当科で最も多い入院症例は、手術を行わずに治療した腸閉塞(イレウス)です。点滴や経鼻チューブなどで保存的に治療しています。すべての症例が予定外・緊急入院ですが、平均在院日数も短く早期に退院しています。手術が必要となった場合は可能な限り腹腔鏡下手術を行い良好な成績を得ています。
次いで多い症例は結腸の悪性腫瘍です。全国癌統計において、結腸癌は男性4位、女性2位の死亡数の多い病気です。症例を選んで腹腔鏡下手術を積極的に取り入れ低侵襲手術を施行しています。進行癌に対しては、転移巣も含めた切除と化学療法を併用し治癒率の向上を目指しています。
3番目に多い症例には、急性胆嚢炎・胆石性胆嚢炎などが該当します。診療ガイドラインに沿って安全性に十分配慮した上で腹腔鏡下手術を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 184 25.17 28.70 70.65% 82.83 大腿骨頸部骨折手術
160760xx97xx0x 前腕の骨折
手術あり 副傷病なし
89 4.35 5.70 0.00% 53.93 橈骨遠位端骨折手術
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等21あり 73 3.16 3.11 0.00% 69.41 ミエログラフィー
【解説】
最も多い症例は、大腿骨骨折で骨折手術や人工骨頭挿入手術などを行っている症例です。高齢化に伴い骨粗鬆症などで転倒により生じやすい病気です。地域連携病院と治療計画を共有(地域連携パス)することで、リハビリ病院などへ転院する患者さんが多くいらっしゃいます。
2番目に多い症例は、前腕の骨折ですが橈骨遠位端骨折が多くを占め、骨折手術や術後しばらくしてから固定に使用したボルトを抜く手術をした症例が含まれます。
3番目に多い症例は、腰部脊柱管狭窄症に対し脊髄造影検査を行った症例です。この検査により、手術の必要性や治療法を検討します。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 11 4.82 5.86 0.00% 28.09 鼻骨骨折手術
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 3.54
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 6.14
【解説】
当科で最も多い症例は、顔面損傷で鼻骨や頬骨・下顎骨など顔面の骨折が該当します。
治療は手術による観血的整復術と、傷を作らない徒手整復術があり、平均在院日数も短く早期に退院している患者さんが多いです。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 47 12.02 10.02 2.13% 74.57
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 12.76 7.52 6.52% 50.52
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 39 26.28 19.32 38.46% 63.85
【解説】
1番目に多い症例は、外傷性慢性硬膜下血腫や外傷性脳内血腫、外傷性くも膜下出血などが該当します。
2番目に多い症例は、脳振盪や外傷性くも膜下出血や急性硬膜下血腫でも手術に至らなかった症例が該当します。
3番目に多い症例は、非外傷性の脳出血で脳の視床や被殻といったところからの出血が多くみられます。出血量が多い場合には手術(脳内血栓除去術)を選択することもあります。急性期を脱し状態が落ち着くと、リハビリ目的に転院する割合が高くなっています。
胸部・心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 副傷病なし 30 2.90 3.46 0.00% 69.53 下肢静脈瘤抜去術
050170xx02000x 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 13.25 17.43 6.25% 75.00  
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 15 34.87 25.69 0.00% 70.00  
【解説】
最も多い症例は、下肢静脈瘤に対し血管内焼灼術(レーザーや高周波焼灼術)や静脈抜去術を行った症例が該当します。患者さんの症状や状態に合わせ、ほとんどは外来での日帰り手術で行っており、年間約350例あります。
次に多い症例は、下肢閉塞性動脈硬化症に対し血栓除去や血管移植、バイパス移植を行った症例が該当します。動脈硬化症・下肢の虚血については、軽症から重症まで、外来通院から入院まで、内服・運動治療からカテーテル治療・手術・点滴治療まで、と全般にわたっての診断・治療を進めています。
3番目に多い症例は、大動脈弁や僧帽弁の狭窄症・閉鎖不全症に対し弁置換術などを行った症例が該当します。人工心肺を使用する大がかりな手術のため、平均在院日数も比較的長い疾患になります。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 122 9.48 9.94 0.00% 33.35 帝王切開術
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 44 21.52 20.87 2.27% 30.07 出産後
120170xx01x0xx 早産、切迫早産 子宮破裂手術等 手術・処置等2なし 42 20.31 31.78 0.00% 32.12 帝王切開術
【解説】
1番目に多い症例は、既往術後妊娠や骨盤位などにより帝王切開が必要となった症例が該当します。当院ではパスを使用しており8泊9日で退院される患者さんが多いです。
2番目に多い症例は、切迫早産などで安静目的の入院、3番目に多い症例は、切迫早産で帝王切開によって出産となった症例が該当します。安静目的の入院のため、平均在院日数が長くなる傾向にあります。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 30 15.63 11.08 0.00% 58.03
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 25 13.16 8.62 0.00% 54.84
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 17 14.94 7.99 0.00% 67.88
【解説】
白内障をはじめとして、網膜剥離、糖尿病性網膜症に対する硝子体手術など、眼科疾患全般に幅広く対応しています。当科で最も多い症例は、白内障ですがDPC対象症例ではない(短期滞在手術等基本料3に該当)ため、上記の表には含まれません。
また、救命救急センターを併設しているため外傷などの救急疾患も多く受け入れています。
加齢黄斑変性症に対する抗VEGF療法(ルセンティス、アイリーア硝子体注射)にも対応しています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 94 14.11 9.60 0.00% 59.26 突発性難聴
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 83 5.81 5.53 0.00% 37.96
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 74 4.70 5.31 0.00% 64.32
【解説】
最も多い症例の突発性難聴は、副腎皮質ホルモンの投与を中心に血管拡張剤などの点滴と、高気圧酸素療法などを組み合わせて治療を行います。点滴自体は10日間なので全国平均と変わりありませんが、当院の平均在院日数が全国よりも長いのは、当院は高気圧酸素治療室を有しており、遠方からの紹介患者さんが多く、毎日の通院が困難にて入院のまま継続していただいているのが要因と考えられます。駿河区・葵区の患者さんはほぼ10日間の入院です。
2番目に多い症例は、扁桃周囲膿瘍や急性化膿性扁桃炎などで抗生剤などの点滴による治療を行った症例が該当します。
3番目に多い症例は、耳性めまいやメニエール病が含まれます。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 118 21.89 18.08 25.42% 73.66
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 23.64 21.69 20.00% 82.12
010060x099040x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 20 27.40 20.87 40.00% 72.15
【解説】
1番目と3番目の症例は脳梗塞ですが、行った治療がエダラボン(脳保護剤)投与によるものと、t-PA治療(血栓溶解療法)かによって分けられています。急性期を脱した後、後遺障害のリハビリ目的のために転院する割合が高くなっております。
2番目に多い誤嚥性肺炎は、脳梗塞後遺症やパーキンソン病などを併存し嚥下機能障害がみられる患者さんに発生しやすい病気です。平均年齢も高く、症状が安定した後も転院し治療継続される患者さんが多いのも特徴です。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 46 8.41 8.97 0.00% 67.70 帯状疱疹
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 36 13.22 11.97 2.78% 62.81  
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2なし 3.71  
【解説】
最も多い症例の帯状疱疹は痛みを伴う紅斑や水疱を症状とする疾患で、抗ウイルス薬による治療を行います。
次いで多い急性膿皮症は細菌感染で起こる蜂巣炎や丹毒です。外来治療では十分な治療を行えない重症患者さんの入院治療を行っております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 副傷病なし 141 1.63 2.89 0.00% 53.84 ESWL日帰りESWL1泊
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 68 7.16 7.59 0.00% 73.04 経皮的膀胱腫瘍切除術
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 63 5.40 5.91 0.00% 62.03 経尿道的尿管結石採石術
【解説】
最も多い症例は、尿管結石や腎結石に体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を行った症例です。破砕困難な場合は、内視鏡での結石破砕(TUL)を行います。これは3番目の症例に該当します。また、結石の再発予防のための食事療法指導や運動指導も行っております。
2番目に多い症例は、膀胱癌に対し経尿道的膀胱腫瘍切除を行った症例です。このほか、膀胱全摘手術や全摘後の尿路変向法など、年齢やがんの状態を考慮し選択しています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 191 2.76 3.07 0.00% 68.88 冠動脈造影検査(CAG)橈骨
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 91 5.82 4.87 1.10% 70.49 冠動脈治療(PCI)橈骨
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 58 22.66 18.30 3.45% 80.78
【解説】
最も多い症例は、狭心症などに対する心臓カテーテル検査のための入院で、当科全症例の3割以上を占めます。この検査の結果、心臓カテーテル治療が必要となった症例が2番目に多い症例に該当します。
3番目に多い症例は心不全です。平均年齢も高いため、急性期を脱してもケアが必要な患者さんも多く、転院して治療継続されています。
不整脈科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 118 5.36 5.68 0.00% 61.79 経皮的心筋焼灼術(アブレーション)
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 49 9.69 11.76 0.00% 71.08 ペースメーカー・ICD新規植え込み手術
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 14.14 18.30 0.00% 77.10
【解説】
最も多い症例は、心室期外収縮や心房細動などの頻脈性不整脈に対して経皮的カテーテル心筋焼灼術(アブレーション)を行った症例です。また、心室性不整脈を有する方は突然死のリスクがあるため、必要に応じて植え込み型除細動器(ICD)の移植も行っております。
次いで多い徐脈性不整脈は、房室ブロックや洞不全症候群などに対しペースメーカ移植術などを行った症例です。インターネット回線を通じて、自宅にいる患者さんのペースメーカ情報を見ることができるホームモニタリングシステムも順次導入しており、異常を早期に発見することができ、将来的には患者さんの通院負担軽減に役立つと期待されています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2なし 87 4.86 3.40 19.54% 71.78 シャント造設術1泊シャント造設術2泊
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 60 20.03 14.34 8.33% 80.90
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 23.12 13.64 3.03% 65.36
【解説】
最も多い症例は、慢性腎不全で透析を行っている患者さんで、透析シャントが狭窄・閉塞し、シャント拡張術・血栓除去を行った症例が該当します。当院では、透析センターを有していることから、血液透析に必要なバスキュラーアクセス(シャント)関連の診療も多く行っています。
慢性腎不全などの腎臓疾患は、ほかの病気との関連が多いことも特徴であるため、様々な診療科と連携して治療を行っています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 11 9.91 14.34 0.00% 70.64
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 10 66.30 43.59 0.00% 68.90
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 23.04
【解説】
最も多い症例は肺炎ですが、当科での診療はベースに血液疾患を持つ患者さんが多いのが特徴です。
疾患別症例数では、非ホジキンリンパ腫(18例)、急性白血病(15例)、骨髄異形成症候群(10例)の順に多いのですが、同じ疾患でも治療が異なるためDPCコードが異なり、患者数が分散したため、このような順位となっています。
特殊な薬剤を使用しなければならない症例などは、DPC対象外となってしまい、上記表には含まれませんが、当科では様々な血液疾患を診療しております。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 59 11.61 10.93 3.39% 77.32
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 56 22.48 14.34 10.71% 80.13
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 50 11.28 11.00 0.00% 71.94
【解説】
最も多い症例は、総胆管結石性胆管炎や急性胆管炎などで内視鏡による治療を行ったものとなります。
3番目に多い症例は、出血性胃潰瘍や十二指腸潰瘍など消化管からの出血にて内視鏡による止血を行った症例です。
2番目に多い症例の肺炎は、当科特有の疾患ではありませんが、呼吸器内科が不在の期間(2016年4月より再開)、内科系診療科で協力して治療を行っていました。
緩和診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 22 19.95 14.34 27.27% 82.27
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 23.73 21.69 13.64% 86.05
060060xx99x0xx 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 18 7.06 12.94 0.00% 80.28
【解説】
ガンと向き合う患者さんの苦痛を和らげ、その人らしく暮らしていけるようサポートする医療を提供する緩和医療科ですが、呼吸器内科が不在の期間(2016年4月より再開)肺炎・誤嚥性肺炎などの呼吸器疾患を多く診療しました。
3番目に多い症例は、胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍(胆管癌、胆嚢癌など)に対し、手術や化学療法は行っていない緩和医療による症例となります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
定義・用語説明
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 17 - - 25 10 13 1 7
大腸癌 - - - 23 43 38 1 6,7
乳癌 21 19 11 - - 11 1 6,7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 10 13 - 10 - 30 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【解説】
5大癌とは、日本で発症症例が多いとされる5つの癌(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)の事をいいます。UICC(国際対がん連合)が定めた腫瘍の病期分類があり、T(原発巣の大きさと浸潤度)、N(所属リンパ節への転移状況)、M(遠隔転移の有無)を評価し、これらの要素によってがんを病期Stage0~StageⅣに分類しています。
外科では胃癌、大腸癌、乳癌の患者さんが多く、消化器内科では肝癌の患者さんを多く診療しています。肺癌に関しては、平成27年度は呼吸器内科の常勤医師が不在のため患者さんが少なくなっています。肝癌の再発症例が多いのは、肝動脈塞栓術などを目的とする患者さんが繰り返し入院されることが要因と考えられます。
当院は、健康管理センターを併設しており早期発見・早期治療を目指しております。癌が見つかってからも、手術や化学療法、放射線療法、緩和治療など、個々の患者さんに合わせた治療を目指しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
定義・用語説明
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 15 11.93 53.87
重症度 1 41 18.05 79.56
重症度 2 45 17.20 83.20
重症度 3 39 16.87 83.00
重症度 4 14 29.64 84.07
重症度 5 - - -
不明 12 19.17 79.83
【解説】
当院の成人市中肺炎の患者さんは、中等症から重症にかけて割合が高い傾向です。平均年齢も高く、A-DROPスコアの年齢の評価項目に該当しているためと考えられます。また、重症度に比例して平均在院日数も長くなっています。
平成27年度は呼吸器内科の常勤医師が不在のため、肺炎の患者さんのほとんどは施設からの紹介などで緊急搬送された方です。よって高齢の患者さんも多く、重症度もおのずと高い患者さんが多かったと考えられます。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
定義・用語説明
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 14 5.93 70.71 0.00%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群
I63$ 脳梗塞 3日以内 199 27.84 75.08 29.91%
その他 15 24.93 70.80 2.34%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>
I679 脳血管疾患,詳細不明
【解説】
中でもI63$(脳梗塞)に分類される症例の割合が高く、特に発症日から3日以内の急性期脳梗塞が集計全体の8割以上を占めています。平均年齢が75歳と後期高齢者の方が多くなっています。
急性期を脱し症状が落ち着くと3割程度の患者さんがリハビリ専門病院などへ転院します。また、5割程度の患者さんは、そのまま自宅へ退院されています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
定義・用語説明
小児科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 102 0.00 13.76 0.98% 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの 67 0.00 26.97 4.48% 0.00
K7151 小児腸重積整復術 - - - - -
【解説】
当院は地域周産期母子医療センターの指定を受けています。NICUでの新生児医療分野では、極小未熟児から成熟児を中心とした新生児急性疾患を多数受け入れているため、新生児に関する手術が多くなっています。
外科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 57 2.04 4.30 0.00% 57.79 腹腔鏡下胆のう摘出術
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 45 1.27 2.29 0.00% 69.87 鼠径ヘルニア2泊鼠径ヘルニア3泊
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 29 4.86 12.72 0.00% 74.28 結腸切除術
【解説】
1位・3位の腹腔鏡下手術は患者さんの体への負担に配慮した低侵襲手術であり、当科では安全性に十分配慮した上で施行しています。
2位のヘルニア手術は短期滞在手術等基本料3に該当する手術であり、在院日数を短くし、患者さんの負担が少なくなるよう努めています。別のKコードとなるためここには掲載していませんが、腹腔鏡下ヘルニア手術も積極的に行っています。
整形外科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 129 1.36 19.75 58.14% 79.16 大腿骨頸部骨折手術
K0811 人工骨頭挿入術(股) 73 3.67 22.71 75.34% 82.48 大腿骨頸部骨折手術
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 67 1.42 14.45 11.94% 52.81 橈骨遠位端骨折手術
【解説】
1、2位の術式に対する症例の多くは大腿骨骨折です。高齢者の骨折が増加している現在、手術が必要と考えられたら、全身状態がよければ可能な限り早く手術を行い、早期リハビリ、早期社会復帰を目指しています。
当科では地域連携病院と治療計画を共有することで、術後、リハビリ病院等へ転院する患者さんが多くいらっしゃいます。
形成外科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(下腿) 16 0.88 7.75 0.00% 52.44 皮膚軟部腫瘍摘出術
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
K016 動脈(皮)弁術,筋(皮)弁術 - - - - -
【解説】
1位は良性腫瘍に対する摘出術です。入院期間を短くし、患者さんの入院の負担軽減に努めています。
脳神経外科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 42 0.55 11.90 4.76% 77.17
K1742 水頭症手術 シャント手術 18 8.28 21.00 0.00% 78.39
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下) 12 2.17 59.42 50.00% 76.17
【解説】
救命救急センターを併設しておりますので、救急疾患の割合が多く、頭部外傷と脳血管障害で入院される患者さんが多くを占めています。そのため、それら疾患に対する手術数が多くなっています。
当科では早期より神経内視鏡手術を導入し、特発性正常圧水頭症に対しLPシャント(腰椎-腹腔短絡術)を積極的に選択しています。
胸部・心臓血管外科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6146 血管移植術、バイパス移植術 その他の動脈 23 6.83 18.65 8.70% 72.91
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 21 0.00 1.10 0.00% 68.48
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 13 2.00 3.23 0.00% 74.69
【解説】
当科では「下肢静脈瘤・血管治療センター」を開設し、下肢静脈瘤および末梢動脈を含めた血管疾患全般の診療を積極的に行っています。手術数もそれら該当疾患に対するものが上位となっております。
2位の下肢静脈瘤の手術に関しまして、新しいレーザー治療装置と高周波治療装置を保険適用になったの機にいち早く導入しております。合併症が少なく、疼痛や皮下出血といった症状も格段に少なくなり、ほとんどの患者さんは外来での日帰り手術となっています。入院症例でも、入院期間は短縮して、患者さんにより負担の少ない治療を施行できます。
産婦人科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 132 4.52 7.02 0.00% 34.39 帝王切開術
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 83 3.39 7.57 0.00% 30.52 帝王切開術
K877 子宮全摘術 41 1.78 9.20 0.00% 52.02 腹式単純子宮全摘術
【解説】
当院は地域周産期母子医療センターの指定を受けています。ハイリスク妊娠・分娩の管理入院、緊急母体搬送など可能な限り対応していますので、予定・緊急共に帝王切開術の術数が多くなっています。
眼科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 472 0.14 1.94 0.00% 74.33 白内障
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 70 1.21 13.49 0.00% 60.81
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) 43 0.58 11.51 0.00% 61.81
【解説】
1位は白内障に対する手術です。短期滞在手術等基本料3に該当する手術であり、入院期間を短くすることによって、患者さんの入院の負担を軽減できるよう努めています。
2、3位は網膜剥離、糖尿病性網膜症等に対して施行される手術です。
耳鼻咽喉科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 31 0.97 6.16 0.00% 25.90 扁桃摘出術
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的副鼻腔手術) 16 0.94 5.63 0.00% 52.81 慢性副鼻腔炎手術
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡によるもの) 12 2.75 7.50 0.00% 60.83 喉頭顕微鏡下手術
【解説】
1位は扁桃炎を繰り返す方、もしくは手術にて睡眠時無呼吸の大幅な改善が見込める方に行う手術です。
2位は慢性副鼻腔炎に対する手術です。原則的にまずは薬物治療を2~3ヶ月行い、効果が得られない場合は入院していただき鼻内内視鏡を用いて手術を行います。
3位は声帯ポリープ・喉頭腫瘍等を直達喉頭鏡を用いて切除する手術です。
泌尿器科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 141 0.10 0.53 0.00% 53.84 ESWL日帰りESWL1泊
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 77 2.52 6.25 0.00% 73.35 経皮的膀胱腫瘍切除術
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 39 1.97 2.95 0.00% 61.59 経尿道的尿管結石採石術
【解説】
1位は尿路結石症に対する手術です。体への負担が少なく、日帰り入院可能な手術となり患者さんの負担が軽減されます。体外衝撃波結石破砕術で結石が破砕困難であれば、3位の術式である内視鏡での破砕を行います。
2位は膀胱がんに対する手術です。病期・状態に応じて手術、放射線、化学療法を選択します。
循環器内科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 63 2.48 3.46 0.00% 69.68 冠動脈治療(PCI)橈骨
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 23 0.00 22.78 0.00% 72.35
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 20 0.15 14.45 0.00% 60.75
【解説】
虚血性心疾患に対する心臓カテーテル治療の手術が1~3位を占めました。
一刻を争う緊急治療も数多く対応しています。
不整脈科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 68 1.38 3.28 0.00% 60.74 経皮的心筋焼灼術(アブレーション)AF
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 52 1.87 2.29 0.00% 63.65 経皮的心筋焼灼術(アブレーション)PSVT
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 28 3.57 9.79 0.00% 79.21 ペースメーカー・ICD新規植え込み術
【解説】
1、2位は頻脈性不整脈に対する手術です。カテーテルアブレーションと呼ばれます。この手術のような侵襲的治療と、薬物療法を中心とした非侵襲的治療をうまく組み合わせながら、患者さんにとってよりよい方向に進むような治療を行っていきます。
3位は徐脈性不整脈に対する手術です。ペースメーカを移植された患者さんの情報をインターネット回線を通じてみることができる、ホームモニタリングシステムも順次導入しています。
腎臓内科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 93 1.74 3.33 20.43% 71.09
K610-3 内シャント設置術 46 7.04 14.54 2.17% 69.11 シャント造設術1泊シャント造設術2泊
K6146 血管移植術、バイパス移植術 その他の動脈 11 39.27 28.36 9.09% 70.27
【解説】
当院では透析センターを有しており、血液透析に必要なバスキュラー・アクセス(シャント)関連の診療が多く見られます。また、他医療機関で透析治療を行っている患者さんのシャントトラブルの紹介も多く見られます。
手術に関してはやはりこの疾患に対するものが上位を占めています。
消化器内科
Kコード 手術名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 51 0.18 12.10 0.00% 73.24
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 37 2.14 16.00 5.41% 78.22
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(2cm未満) 28 4.54 3.07 0.00% 72.68
【解説】
当科は内視鏡的治療を積極的に施行しています。
高齢者の患者さんが増加しており、より低侵襲の検査・治療、入院期間の短縮を心がけています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
定義・用語説明
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 13 0.13%
180010 敗血症 同一 35 0.36%
異なる 19 0.20%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 164 1.70%
異なる - -
【解説】
播種性血管内凝固症候群(DIC)や敗血症はDPCにて高額な点数が設定されており、臨床的に根拠のある診断でなければアップコーディング(不適切な高額点数の請求)を疑われかねない病名とされ、DPC/PDPS傷病名コーディングテキスト(厚生労働省保険局医療課発行)でも明記されております。
厚生労働省による平成26年度DPC対象病院データ集計では、全症例に対する各疾患の割合は、播種性血管内凝固症候群0.17%、敗血症0.56%、その他真菌症0.04%、手術・処置などの合併症0.70%と公開されております。
全国値と比べ当院は、敗血症は同等、播種性血管内凝固症候群とその他真菌症は低く、手術・処置等の合併症は高い結果となりました。
この手術・処置等の合併症に該当した症例の6割が、透析シャント狭窄や閉塞の患者さんです。透析センターを有し血液透析に必要なバスキュラーアクセス(シャント)関連の診療も多く行っている当院ではどうしても多くなってしまう症例です。入院契機と「異なる」場合の症例は少ないので、当初の目的のための手術や処置を行ったあと発生した合併症は少ないと考えられます。
手術や処置などは、合併症を起こさないよう細心の注意を払って診療・治療を行っております。臨床上ゼロにするのは難しいことですが、より確率が低くなるよう最善を尽くしてまいります。
更新履歴
2019/9/27
平成30年度DPCデータに基づく病院情報を公開しました
2018/9/28
平成29年度DPCデータに基づく病院情報を公開しました
2017/10/19
誤植を修正しました
2017/9/29
平成28年度DPCデータに基づく病院情報を公開しました
2016/9/30
誤植を修正しました
2016/9/28
平成27年度DPCデータに基づく病院情報を公開しました